【髪の痛みを測定】毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」を使ってみた!その他の髪の診断方法も!


こんにちは。KAMIUです。ハホニコさんから発売されている「ヘアアナライザー」という製品をご存知でしょうか?
こちらの「ヘアアナライザー」とは髪の強度や太さを測ることができる便利なものです!

  • 髪の傷み度合いを数値で管理したい
  • 髪の傷み具合ってどう判断すればいいの?
  • 毛髪の強さってどのくらい

ということが気になっている方向けの記事なっております。髪の傷み具合が数値化されると面白そうですよね笑

こちらのヘアアナライザーを使えば、お客さんに対してもオプションメニューなどの提案がしやすいかと思われます。
髪の強度が弱いので、トリートメントしましょう!などですね。
例えば話題のケアブリーチを使ってみましょうなど。。

参考記事:【薬剤】ケアブリーチ・プレックス・ボンド5メーカー(種類)違いを効果検証&使い方を解説!

是非ご一読くださいませ!

スポンサーリンク

そもそも毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」とは?価格は?

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」とは冒頭で、ご説明したように髪の強度や太さを測ることができるものです!
ヘアアナライザー には2つの測定器がついています。それぞれを使って髪の「強度」と「太さ」を測定することができます。


こちらを使って、髪の「強度」を測定することができるものです!
髪を2本のバーに巻きつけて、ダイヤルを回すことで髪が引っ張られていきます。
髪が切れたところの「値」が髪の引っ張りの強度となります。
強度の目安となる平均は120~150gになります!


こちらは髪の太さを測る機器となります。
髪を機器に挟むだけで測定することができます。

太さの基準は以下のようになっています。

平均 太い人 細い人
0.08mm 0.15mm 0.04~0.06mm

ヘアアナライザーの定価は39800円です。
精密に測定するものなので、価格は少し高めですね。。

ヘアアナライザーを使用し髪の強度を数値化することによって、お客さま合わせた適切な薬剤を使うことができます!

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」を使って実験開始!

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」というものがこちらです。

今回はこちらを使用して検証をします!
とても楽しみですね、、!

今回使用する毛束は

  1. 黒髪の毛束
  2. ブリーチ1回の毛束
  3. ブリーチ5回の毛束

の3つの毛束を使用して検証をしてきます!

実験用の毛束を水に浸ける

まずは先ほど述べたように水に5分程度浸けておきます。

反射で見えづらいかと思いますが、上に浮かぶ黒い毛束、下に沈んでいる白と茶色の毛束を水の中に入れています。

話は少しそれますが、皆様は傷んんだ毛は水に沈みやすいということをご存知でしょうか?
傷んだ髪は水分が少なく、水を傷んだ分だけ水分を吸収するので、傷んだ髪は水の中に入れると沈んでしまうのです。

それを根拠づけるように、上の画像をみると黒髪は浮いてますが、ブリーチした毛束たちは沈んでいます。。。
髪の傷みをチェックできる指標になりそうですね!

では5分経ちました。
次へ進みましょう。

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」を使って毛の太さを測ってみる

ここではそれぞれの毛の太さを測ってみたいと思います。

もう一度確認しますが、太さの基準は以下のようになっています。

平均 太い人 細い人
0.08mm 0.15mm 0.04~0.06mm

それを踏まえて結果をみていきましょう。
まずは黒髪。


何回か測ってその平均値は0.06mmでした。少し細めの髪になっているのでしょう!

続いてブリーチ1回の毛束です。

平均値は0.05mmでした。先ほどより少し細めになっていますね!

最後はブリーチ5回の毛束です。

平均値は0.07mmでした。
ブリーチ1回目のよりも太目になりましたね(笑)

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」を使って毛の強度を測ってみる

次は本命?の毛髪の強度を測っていきたいと思います!

強度の目安となる平均は120~150gです。

では結果を見ていきましょう!

黒髪の結果は1回目は92gでした。2回目は86gでした。
平均は89gですね!

ブリーチ1回の毛束は1回目は53g,2回目は51gでした。
平均は52gでした!
ブリーチ1回で30g分も痛むのでしょうか、、!

ブリーチ5回の毛束です。
1回目は42g,2回目は40gでした。
平均は41gですね!

黒髪と比較すると35g分も強度が落ちていますね、、、
ブリーチすると髪が傷むのは本当のようですね!(当たり前ですが、、笑)

今回使った毛束はあくまで検証用のものだったので、平均となる120~150gには程遠い数値となりました、、
皆さんの毛髪を調べたら強度はどのくらいでしょうか!

ちなみにKAMIU編集部の髪の毛でやって見たところ強度は103gでした、、!
少し弱めなのですかね。。

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」の結果はこちら!

今回の実験の結果を表にしてまとめてみました。

黒髪 ブリーチ1回 ブリーチ5回
水に沈む ×
太さ(mm) 0.06 0.05 0.07
強度(g) 89 52 41

ブリーチの回数が増えるごとに髪の強度も落ちていきますね!
みなさん、ブリーチのやりすぎには注意ですよ!(笑)

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」を使う上での注意

毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」を使う上での注意は、検証の前にお湯や水に5~10分程度浸すことです。
髪の状態はその時の天候や状況によって異なるので、条件を整えるために髪を水でいっぱいに吸わせた状態で検証をしましょう。

また太さを測る時にも注意点があります!

人によっては、髪の断面はまん丸とは限らなく、楕円のような形をしている可能性もあるので何回か計測しましょう。
そして、その平均値を使うようにしましょう!
毛先、真ん中、根元でも太さは異なるので注意しましょう。

終わりに〜毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」を使ってみて〜

いかがでしたでしょうか?みなさんは今回使用した毛髪強度測定器「ヘアアナライザー」の存在はご存知だったでしょうか?
これは検証の結果が数値化できるのでかなり有益な基準となりそうです!KAMIU編集部ではこの測定器を使って、ガンガン検証を進めていきます!お楽しみに!


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください