【保存版】美容師さん必見!シルバー系カラーのレシピ3選!カラー剤種類と調合比率載ってます!

参考になりましたらシェアお願いします!

どうもKAMIUです。
誰もが憧れたことのあるであろう「シルバー」。白銀に近い超完璧な「シルバー」にこだわるのであれば、白金になるまでブリーチを5回やって更にホワイトブリーチ、、、なんてことはやはり必要なものです。しかし、そこまで何回もブリーチしない「シルバー系」カラーでも充分おしゃれなヘアカラーになっちゃうもんなんです!
今回は、そんなおしゃれ「シルバー系」のレシピと調合比率を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

THROW(スロウ)を使った「パープルシルバー」のレシピを紹介!

こちらは「パープルシルバー」になります。非常に綺麗に染めあがっていますね。このカラーは、残暑がある今の季節にオススメのカラーだと思います。このカラーを手がけたのは、原宿・表参道・明治神宮前「AnFye for prco」「AnFye.dueldo」のオーナーである吉田太紀さんです。では、早速この「パープルシルバー」のレシピを見ていきたいと思います!

「パープルシルバー」のカラーレシピとカラー剤の調合比率を表にまとめてみた。

「パープルシルバー」のカラーレシピとカラー剤の調合比率は以下の通りです。

手順 内容 比率・回数・時間
1 根元ブリーチ 1回
2 毛先ブリーチ 2回
3 カラー 6バイオレット:ブルー:6アッシュ=3:20%:1

引用:FASHION COLOR | THROW – アッシュにこだわったヘアカラー剤ブランド

「パープル」と「シルバー」を入れているので、白っぽいホワイトカラーになっています!また、根元は「ネイビー」中間は「パープル」毛先は「ホワイト」というグラデーションに見えます。

吉田太紀さんについて紹介!【美容師さん必見】超人気なインスタ載ってます。

「AnFye for prco」「AnFye.dueldo」のオーナーである吉田太紀さんは言わずと知れた有名美容師です。「ヘアデザインは綺麗な髪から」をコンセプトに活動しており、数々のお客さんの要望に答えてきた腕前の持ち主です。特に吉田さんのインスタグラムはフォロワーが5万人を超えるほどの人気となっています。ボブの巻き方やゆるウェーブの巻き方など、美容師さんにとっても勉強になることもたくさん載っていますよ。良かったらフォローしてみてくださいね!

オルディーブアディクシーを使った「アディクシーシルバー」のレシピを紹介!

透明感のあるグレージュよりのシルバー系カラーですね。大人気のカラー剤「オルディーブアディクシー」を使用しています。こちらのカラーを手がけたのは、サロンJour/SUNROAD(ジュールサンロード)KYOTO店の店長である平松賢則さんです。それでは、こちらの「アディクシーシルバー」のレシピを見ていきましょう。

「アディクシーシルバー」のカラーレシピとカラー剤の調合比率を表にまとめてみた。

以下の表が、「アディクシーシルバー」のカラーレシピとカラー剤の調合比率になります。

内容 比率・時間
最初の状態 13トーンまで褪色しているベース
根元カラー 7シルバー:7サファイア=3:1 ox5%
毛先カラー 7シルバー:7アメジスト=1:1 ox3.7%
放置時間 15分


引用:オルディーブアディクシー
カラーチャート

平松賢則(ひらまつよしのり)さんについて。

1983年 静岡県浜松市に生まれる。幼稚園から高校まではサッカーに打ち込み、高校卒業と共に美容師を志し単身上京。入社三年目に大型店舗へ移動、トップスタイリストへの道を歩み始める。ジュール三条店店長を経て、現在KYOTO店店長/トップスタイリスト。2005年よりは、オークボコンテスト、CATコンテスト、ロレアルカラーコンテストなどで受賞。2014年ロレアルカラートロフィーコンテストJAPANファイナリストに選出。その確かな技術で、美意識の高い30代ー50代の女性顧客に圧倒的支持を受ける。トップスタイリストになった今も、現場に立ち続け、お客様を美しくする技術の研磨に余念がない.

数々のコンテストでの優勝経験や受賞経験を持つ平松賢則(ひらまつよしのり)さん。今もなお、月間200名以上の顧客を担当しており店内指名NO1の人気美容師です。そんな彼のブログには、上記のようなレシピなど面白いことがたくさん書かれているので良かったら読んでみてください。

出典:〜自分史上最高なヘアデザインをあなたに〜 – パーソナルヘアアドバイザー 平松賢則

オルディーブを使った「パープルブルーシルバー」のレシピを紹介

こちらは、オルディーブを使った「パープルブルーシルバー」のレシピになります。光の加減でベージュに近い色合いに見えますがオルディーブのホワイトアッシュとモノトーンカラーを使用しシルバーに近づけています。輝くツヤ感があり綺麗な仕上がりです。こちらは、流山市の美容室「WAVE(ウェーブ)」さんによって手がけられました。では、「パープルブルーシルバー」のカラーレシピとカラー剤の調合比率を見ていきましょう。

「パープルブルーシルバー」のカラーレシピとカラー剤の調合比率を表にまとめてみた。

以下の表が、カラーレシピとカラー剤の調合比率になります。

根本カラー 11-55+9-was+モノトーンc9-mt 1:1+20% ox6%
中間〜毛先カラー 9-55+11-was+モノトーンc9-mt 2:1+20% ox3%

ブルーにモノトーンをプラスし、トーンコントローラーで彩度を高めた配色となっております。

最後に:シルバー系カラーのレシピに取り掛かる前のポイント

いかがでしたでしょうか?最後に、シルバー系カラーのレシピに取り掛かる前に、大事なポイントをいいます。美容師さんの方はわかっている方も多いと思いますが、やはりシルバーのようなハイトーンカラーは『ベース』で決まります。ムラなく妥協なく丁寧にベースを作ることを意識しましょう。


美容師は、もっと自由に働ける。AS Castingは上記よりお申し込み

さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

参考になりましたらシェアお願いします!

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください