美容室の閉店率がヤバい!問題点と改善策まとめ


美容室の閉店率は非常に高いです。毎年、多くの美容室が閉店しています。

しかし、その一方でテレビや雑誌に取り上げられている人気店も存在します。他にも、派手ではなくてもリピート層がしっかりとしているため、売り上げが安定している美容室もあります。

それぞれの美容室によって店舗の戦略は異なっていますが、美容室が閉店するときには、似たような問題点を抱えているケースが多いです。

今回の記事では、閉店するときに抱えがちな問題点と解決策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

美容室は閉店しやすい?

出典:https://www.flickr.com/photos

美容師は年を取るにつれ、指名数が減ってしまい稼ぎにくくなる職業です。そのため、美容師は独立される方や、独立に興味のある方が多いです。

美容師として成功していても、独立して成功するかは分かりません。美容室を成功させるには美容師としての技術だけでなく、経営者としての知識も必要です。

まず、美容室は閉店率がとても高く、成功するのは難しいです。美容室を開業する前に、美容業界の現状についてしっておきましょう。

3年以内の閉店率90%

美容室の閉店率は非常に高く、1年以内だと60%。3年以内の閉店率は90%。10年以上になると、なんと95%以上の閉店率です。そのため、美容師のあなたが今 働いている美容室も10年後には閉店している可能性の方が圧倒的に高いということです。

10年で閉店してしまうと、ローンは返しきれないでしょう。初期投資をかけすぎてしまうと、多額の借金を背負ってしまうという危険性もあります。初期投資の融資を受ける際には慎重に決めることをお勧めします。

美容室が閉店してしまう理由

出典:https://www.flickr.com

なぜ、美容室はこんなにも閉店率が高いのでしょうか。 純粋に競争率の高い業界であるということですが、他にも様々な理由があります。

美容業界は飽和状態

美容室はコンビニよりも店舗数が多いと言われています。閉店率が高いにもかかわらず、毎年10000件もの美容室が開業されているのです。現時点で、すでに美容室の数が足りているのにもかかわらず、毎年新しい美容室が開業するため、美容業界は飽和状態となっているのです。

その結果、ライバルが多くなってしまいます。どの美容室も集客を上げるために、クーポンや割引を実施し価格競争が起こります。その結果、利益も下がってしまうという悪循環が起こるのです。

顧客が定着しない

当たり前ですが、お客様が来ないと美容室は潰れてしまいます。新規顧客は大事ですが、売り上げを安定させるためには、リピート顧客の存在が必要不可欠です。

特に、新規顧客はクーポンや割引などを利用する方が多いため、リピート顧客の方が利益が大きく大切です。

経営が安定しない美容室の理由の一つとして、リピート客が少ないことが挙げられます。

初期投資が大きいと命取り

美容室を開業する際には多額のお金が必要です。特に、内装を改装するのに費用がかさみます。内装にこだわりすぎてしまい、1000万円以上借り入れてしまうという美容室さんもいます。

独立する際には、不必要なものにはお金をかけないようにして、費用は最小限に抑えましょう。

多く借り入れてしまうと、思うように集客が伸びない場合に資金巡りがうまくいかなくなってしまいます。

美容師は経営のプロではない

多くの美容師は経営について勉強する機会がほとんどないかと思います。美容師としては技術が高く、指名してくれるお客さんがたくさんいると独立しても大丈夫と思いがちですよね?

美容室を運営する際には技術も大事ですが、どうすれば売上があがるか考える力が最も必要です。美容室の運営に行き詰まってしまった時は一度、売り上げを見直すことが大切です。

美容室の閉店を回避!売上をあげるには

出典:https://www.flickr.com/photos

美容室の経営を立て直すには売り上げをアップさせるしかないです。その際に重要なのは、新規の集客にばかり気を取られるのではなく、リピーターの獲得率向上や経費削減に力を入れましょう。

無駄をなくして経費削減

集客を一気に増やすのは難しいかもしれません。ですが、経費削減は美容室の無駄な部分を探せばいくらでも削減できますので、比較的簡単に迅速に対応できますので、まずは出来る範囲から美容室の無駄を探してみましょう。手ごろなものからですと、

●水道・光熱費

●機材リース料

●消耗品

などは、費用がかさみやすいです。安い代替品を探したり節約するように気を配りましょう。特に、水道・光熱費などは美容室全体で意識しないと、なかなか難しいです。

リピーターの獲得向上

リピート率をあげるためには、お客様にもう一度来たいと思って頂けるようなお店作りが基本です。お客様に満足して頂くには、接客・施術・サービスの3点を意識することが大切です。

また、お客様のイメージ通りのヘアスタイルに施術するには、施術前のカウンセリングをしっかりと丁寧にすることを心がけましょう。

サービスとしては、ポイントカードの導入や、予約システムの設備をすることでお客様が来店しやすくなるでしょう。

リピート率が低い時は、アンケートをとって何が問題なのかお客様から直接的に聞き出してみるのもいいかと思います。

まとめ

美容師の独立数は減るどころか、増えていますので今後も閉店率が下がることはないかと思います。

多くの美容室が毎年、閉店していますが、その一方で多くの美容師が独立しているというのも事実です。それだけ、成功したら得られるものが大きい夢のある職業です。

独立する際には、閉店率を踏まえたうえで、初期投資や独立プランを慎重に考えましょう。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください