美容師の一人暮らしのお金のやりくりの方法3選!仕送りはあり?


かっこいいスタイリストに憧れたという経緯で目指す方が多い美容師ですが、お金のやりくりについてはかなりシビアな仕事のひとつでもあります。憧れられるようなトップスタイリストになるまでに下積み時代を経る必要があり、豊かとは言い難い生活をしなければいけないとイメージしておきましょう。そんな経験を経て、素敵なスタイリストに成長していきます。今回は、これから美容師を志す方、下積みを頑張っている方のために一人暮らしでも、やっていくための方法を3つ紹介します。

スポンサーリンク

美容師の一人暮らしのお金のやりくりの方法3選

https://www.flickr.com/

一人暮らしをしながら美容師を続けるためには、かなり思考を凝らす必要があります。ついつい弱音を吐き、美容師を続けられないと嘆く方がいる反面、そんな時代を自分の糧にし、トップスタイリストにまで上り詰めている方もいます。一人暮らしをしながら、美容師を続けるための方法を紹介します。

自分の夢を明確にもつ

美容師に限ったことではありませんが、人間は自分の夢を明確にイメージできなくなった時に欲にかられます。本来使うべきお金の使い方ではないと分かっていながらも、散財してしまいたくなったら、今一度自分は将来どうなるのかを確認しましょう。夢というゴールが見えてさえいれば、つらい状況でも自分を律することができるはずです。

価値のある物を見抜く

美容師をし、お金を少しでも節約しようと考えるとついつい安い服や食べ物などを買ってしまいがちです。しかし、自分の糧にするという目的のためには、価値のあるものを見抜く目を養うことが一番の近道でもあります。事実、価値の無いものをたくさんもっているよりも、良いものを買うために情報を集め、不要になった時にお金になるというサイクルを作った方が美容師という仕事に反映できます。さまざまな客層に対応できる美容師を志しましょう。

まずはアルバイトを探す!難しい場合は仕送り

本当にどうにもならないくらいに追い込まれてしまったら、まずは自力でなんとかしようと考えましょう。現在は短期間で日給制のアルバイトがたくさんあります。そして、そのあてさえなくなってはじめて仕送りを頼みましょう。若いうちなら仕送りをもらっていても恥ずかしくないですが、ついつい甘えたいという心理も働きます。知らず知らずのうちに「まだ仕送りをもらっている?」という年齢にならないように注意しましょう。また、カードローンなどの借り入れは身を滅ぼす第一歩となりますので、生活が大変だからこそ手を出してはいけません。

美容師の一人暮らしのお金のやりくりの実態

https://www.flickr.com/

美容師の一人暮らしは工夫が必要という事実を紹介しましたが、その根拠になっているお金のやりくりの実態も紹介します。収入が少ないという側面もありますが、美容師ならではの必要経費は思いの外大きいものです。実際にどのくらい手元に残るものなのかをイメージしておきましょう。

アシスタント時代は15万円程度の収入

美容師をしている中でも、もっとも経済的に厳しいのがアシスタント時代です。そして、給料が高いとされている首都圏でも、その給料は15万円程度です。オシャレな街にあるサロンに勤めていながらも、広々としたマンションや雰囲気の良いカフェは、しばらく我慢することになります。

どうしてもかかってしまう必要経費

そして、美容師ならではの必要経費が衣装代と練習材料費、講習代です。個人差はあるものの、練習材料費と講習代で数万円は消えてしまうのいうのが、美容師の日常です。さらに、お客様に失礼のないようなきれいな身だしなみも求められます。このような、一般的なサラリーマンではかからない費用も、アシスタント時代には投資として考える必要があります。

まとめ

お客様を素敵にし、自分らしく働ける美容師ですが、スタイリスト時代には多くの我慢を強いられることになるでしょう。ただし、トップスタイリストになりさえすれば、自分の活躍に見合った給料をもらうことができます。まずは、しっかりと下積みをし、さまざまな工夫を将来の糧とできるような意識をもちましょう。我慢しようと考えるとどうしても現状に不満を抱いてしまします。将来の自分の姿をイメージできれば、一人暮らしというツラい状態でも乗り切れるはずです。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です