美容師の仕事が楽しいのはなぜ?美容師特有の理由4選


せっかく美容師の仕事に就いたのなら、楽しいと思わなければ、働き続けることが苦痛になってくるでしょう。楽しいと思えないのであれば、まだやりがいに気付いていないだけかもしれません。美容師はお客さんのヘアスタイルを、プロデュースするのが仕事なので、やりがいを感じる場面は沢山あります。無限にあるヘアスタイルを作っていくことに、楽しさを感じながら、仕事をしていくといいです。

スポンサーリンク

美容師の仕事が楽しいのはお客さんのヘアスタイルを作れるので

https://www.instagram.com/
美容室によりそれぞれ、得意としているヘアスタイルや、カットの仕方などは違いますが、基本的には美容師とお客さんが、1対1で向き合い、担当したお客さんのヘアスタイルは、自分でカットできることです。カットされたヘアスタイルやパーマ、ヘアカラーなどの仕上がりを見て、お客さんが喜んでくれると、すごくやりがいを感じて、仕事が楽しくなってくるでしょう。又、お客さんと一緒に考えて、生み出したヘアスタイルであることも、出来上がった達成感があり、美容師としての技術に、自信も出てきます。ある意味ヘアスタイルは無限にあるので、クリエイティブな仕事という面も、楽しさに繋がります。

美容師の仕事が楽しいのはお客さんと一緒に成長できるのから

https://www.instagram.com/

何十年も美容師として働いていると、お客さんも何十年と来店して下さり、学校を卒業して就職し、結婚して子供が生まれなど、成長していくお客さんの姿を見ることができると、一緒に成長してきたことを実感し、楽しくなるでしょう。人生の節目には、ほとんどヘアスタイルを整える必要があり、お客さんの人生の節目の、ヘアスタイルを作れたことが、とてもやりがいある想い出になります。親しくしているお客さんとは、ほぼ友人みたいな関係が築けていて、信頼を寄せて自分に任せてくれる点も、美容師になって良かったと思えます。お客さんの想い出の一部になることが、楽しいと思える瞬間です。

美容師の仕事が楽しいのはお客さんに「ありがとう」と言ってもらえるから

まっちゃんさん(@kuni1029)がシェアした投稿

https://www.instagram.com/
美容師の仕事と言えば、スタイリッシュにヘアをカットすることばかりに、注目が集まってしまいますが、ヘアカット以外にもお客さんに、「ありがとう」と言ってもらえる場面はあります。髪の毛が綺麗になったので、お客さんに「ありがとう」と言ってもらえた。お客さんのライフスタイルを、向上させるお手伝いができて感謝されたなどです。お客さんの笑顔が見られると、美容師としてやりがいを感じ、楽しいと思うでしょう。又、お客さんといろんな会話を交わすことで、勉強になることも多く、接客業は楽しいと思うことも。常連のお客さんになってもらえると、自分を頼りにしてくれていると思い、やりがいに繋がります。

美容師の仕事が楽しいのはアーティストとして成長できるから

普段の美容室での仕事に加え、コンテストなどがあり、斬新なヘアスタイルや派手な個性があるメイク、おしゃれなファッションなど、トータルでプロデュースでき、腕を磨いていけると、スキルアップできて楽しくなるでしょう。普段お客さんの髪の毛には、奇抜な提案はできませんが、部分的に活かせる場面もあります。ライバルの美容師から刺激を受け、ヘアスタイルのデザインを考える際に、学ぶべき点も多く発見もあります。アーティストとして発想することが、好きな美容師であれば、雑誌モデルのヘアスタイルなどにも応用でき、楽しくなります。賞を受賞する、チャンスにもあります。

まとめ

お客さんの人生を彩る、ヘアスタイルを作ることが、美容師として最もやりがいがある、楽しさを感じる部分でしょう。新しいヘアスタイルも生み出して、アーティストとして美容師の技術も、磨き続けていけます。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください