美容師が営業トークとして使えるフレーズ6選


美容師さんは、お客さんと美容室にいる時間が長いので、楽しい会話でお客さんに、居心地いい雰囲気を提供する必要があります。営業トークとして使えるフレーズ6選を、ご紹介致します。

スポンサーリンク

美容師の基本的な営業トーク「お天気・気候」

https://www.instagram.com/
お天気や気候、温度についての話題は、誰にでも共通しているので、美容師さんがお客さんと会話するために、全く悩まずトークを交わすことができます。話しかけられたお客さんも、どんなタイプの美容師さんであっても、お天気や気候、温度ネタなら、気を遣わずに会話を交わせます。例えばお天気トークであれば、「今日は天気がいいですね。」だとすぐ会話が終わってしまうので、「今日は天気が良くて、ドライブ日和ですね。先日○○に行って紅葉を見てきたんですけど、すごく綺麗でしたよ。」など、天気だけの会話にせず、季節の楽しめる情報を付け足すと、お客さんも私も紅葉見てきましたよ、など会話に乗ってきて、美容師さんに親近感を持ってもらえるでしょう。

美容師の基本的な営業トーク「ヘアスタイル・ヘアアレンジ」

https://www.instagram.com/

「今日は、どのようなヘアスタイルがご希望ですか?カットだけでよろしいですか?パーマやヘアカラーは、どういたしましょうか?」など、お客さんの希望のヘアスタイルを聞き出す、基本的な会話です。ヘアスタイルトークは、少し細かいと思われるぐらい、お客さんにご要望をお聞きする方がいいでしょう。例えカリスマ美容師さんであっても、お客さんは変なヘアスタイルにされたらどうしようと、多少不安に思っています。お客さんが、どういうヘアスタイルにしたいと思っているのか、自然な会話で聞き出して下さい。笑顔も忘れないで、お客さんには明るいトークが好印象です。

美容師の基本的な営業トーク「ヘアケア」

https://www.instagram.com/

お客さんの髪の毛をカットしながら、お客さんの髪の毛の状態も、じっくり観察して下さい。そして気付いたことを、お客さんに話しかけてみましょう。「髪の毛が、乾燥してパサついてますね。髪の毛がまとまらなくて、お困りではありませんか?」。お客さんは美容師さんに気付いてもらえると、それをきっかけに、自分の髪の毛の悩みを話してきます。お客さんは遠慮して、話しかけていないだけなので、さりげなく髪の毛の悩みを聞きだすようにしましょう。美容室のヘアケア製品を、提案するのもいいです。「うちの美容室では、○○トリートメントを使用してますが、お客さんに評判いいんですよ!」など、付け足しトークができるといいです。

美容師の基本的な営業トーク「流行のヘアスタイル」

Megumi.hさん(@omeeeeg)がシェアした投稿

https://www.instagram.com/

お客さんは美容師さんの、髪の毛のプロとしての会話を聞きたがります。「今年流行のヘアスタイルは、○○なんですよ。先月の雑誌○○に、掲載されていたこのモデルさんのヘアスタイルです。」など言われると、お客さんはこの髪型にしてみようと思い、リピーターになってくれる可能性もあります。今年流行のヘアカラーやヘアアレンジなど、美容師業界の人しか知らない話題は、お客さんに喜ばれます。美容師さん自身が、普段よりヘアの流行に関する勉強をして、お客さんにご提案できるといいでしょう。ヘアカットの技術も、「このモデルさんのヘアスタイルは、○○という技術でカットされています。」など、お客さんに話をするだけでも、美容師さんの腕に信頼を寄せてもらえます。

美容師の基本的な営業トーク「恋愛ネタ」

https://www.instagram.com/

特に学生の子達は、身近に相談相手がいないため、美容室に来たら恋愛の悩みなどを、美容師さんに聞いてもらいたいと、思っている子も少なくないでしょう。好きな相手をいろいろ聞き出すと、かえって美容師さんの印象が悪くなりますので、「好きな芸能人とか、好きな人はいますか?」と、好きな人の対象範囲を広げて、さりげなく会話を交わすといいでしょう。お客さんの方から、好きな人についていろいろ話をしてきたら、あくまで聞き役に回って、うなずく程度にして、浅い会話にしておくといいです。好きな芸能人とか、映画俳優などの話題にしておく方が、無難かもしれませんが、会話の流れにより恋愛ネタになったら、トークを交わす感じでいいでしょう。

美容師の基本的な営業トーク「今話題のニュースなどの情報」

https://www.instagram.com/
お客さんが男性であっても女性でも、最新の情報であれば、性別を気にしないでトークを交わせます。毎日、新聞を読むかネットニュース、TVを見れば、情報は簡単にチェックでき、ニュースを記憶することができます。最新のニュースであれば、お客さんもまだその情報を入手していないかもしれないので、話題を提供すると知ることができてよかったと、思ってもらえるでしょう。「今日朝TVのニュース○○で、○○が話題になっていることを知ったんですよ、ご存知でしたか?」など、お客さんに質問することで、会話のキャッチボールができます。美容師さんもニュースの話題は、入手しておくと勉強になるので、おススメのトーク内容です。

まとめ

美容室には雑誌も沢山置いてあるので、お客さんと会話を交わす時間は、約30分程度で考えておいていいでしょう。ヘアスタイルや最新の情報であれば、来店のたびに新しい話題なので、お客さんも退屈しないで、美容室へ楽しく来店することができます。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です