美容師は妊娠しにくいのは本当?その理由は?


好きな人と結婚したら、子供を授かりたいと思うでしょう。ですが、美容師という職業は、イメージ的には赤ちゃんができにくいのでは?と考えている人も、いらっしゃると思われます。では、実際はどうなのか?美容師は、妊娠しにくいのか?解説致します。真剣に赤ちゃんを作りたいと、思っているのであれば、働き方を変えてみたり、工夫することで妊娠しやすい体質に、かえていくことも可能です。

スポンサーリンク

美容師の妊娠は科学物質の影響がある

https://www.flickr.com/

美容師さんは仕事中に、パーマ剤やカラー剤など、様々な科学物質を扱う職業です。そのため、生理が不順になったり、不妊症・早期卵巣不全(POF)のリスクがあると言われています。科学物質が、生殖器官機能を低下させている、可能性があると懸念されています。アメリカによる調査でも、美容師さんは他の職業と比べて、妊娠しにくいという結果が、報告されています。シャンプーやリンスであっても、科学物質は含まれているので、あまり良くないと考えられています。

美容師の仕事がストレスになると妊娠しにくい

https://www.flickr.com/

美容師の仕事と子供を作りたい計画と、両方を上手くこなそうとすると、いつの間にかストレスになってしまっている場合があります。美容師は接客業なので、お客さんに気を遣いますし、妊娠したら仕事が間に合わなくなったと、言われるのも自分が許せないので、どちらもパーフェクトにと考えると、ストレスになってしまいます。旦那さんとの子作り時間も、なかなか合わないと、調整が難しいため、イライラしてくるでしょう。ですが、これが妊娠しにくい状況にしています。

美容師は立ち仕事で冷えるため妊娠しにくい

1日中ほとんど同じ場所で、立って行う職業なので、美容師さんはどうしても身体が冷えてしまいます。冷えは妊娠しにくい、状態になっていると言えます。仕事を頑張りすぎて、身体全体の筋肉が緊張して、血液循環が悪くなっています。子宮が温かいことが、妊娠しやすい体質にもなるので、普段より仕事中も自宅に帰っても、身体を温めるようにしましょう。もう少しリラックスして、余裕を持って仕事をするといいです。

まとめ

やはり美容師は、仕事で使用するカラー剤やパーマ剤、シャンプーなどの製品に、科学物質が含まれているため、影響を受け妊娠しにくい傾向があるようです。赤ちゃんをつくろうと計画を立てたら、科学物質の影響を受けないように、働く時間を減らしたり、精神的にリラックスして、仕事することが大切です。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です