痛まないで話題のヘアカラーRを紹介! なぜ痛まないのか徹底解説


スポンサーリンク

導入

ヘアカラーを使って髪が痛んでしまった経験は皆さんもあるかと思います。

どうしても、ヘアカラーを使うと髪にダメージを与えてしまい、髪がごわごわになってしまいます。美容室でカラーしてもらうと痛みにくいですが、市販の安いヘアカラーですと髪に与えるダメージが大きいです。しかし、最近では痛まないヘアカラーが流行しており、市販の物でも髪が痛まないヘアカラーが発売されています。その中でも、ヘアカラー Rが髪に優しいと話題です。

ヘアカラーRの凄さや、なぜ痛まないのかまとめました。

ヘアカラーするとなぜ髪が痛むのか

出典:https://www.flickr.com

ヘアカラーをすると、髪がごわごわになってしまい、さらさら感がなくなってしまいます。特に短期間に何度もヘアカラーを使うと、髪に与えるダメージは大きく切れやすくなってしまいます。髪のケアをするためには、ヘアカラーについて熟知しておくことが大切です。ヘアカラーと髪の痛みの関係について知っておくとヘアカラーを選ぶ際の参考になりますので、ぜひとも知っておきましょう。

ヘアカラーで髪が染まる仕組みと痛む理由

ヘアカラーは、一般的に1剤と2剤を混ぜることによる化学反応で髪を染めています。1剤は酸化染料とアルカリ剤で、2剤は酸化剤によって構成されています。1剤に含まれる酸化染料というのは、酸化することで発色する染料です。2剤は酸化させる薬剤ですので、1剤と2剤を混合することによって染料が発色します。

髪の毛の表面では、キューティクルというウロコが覆われており、髪の毛の保水性を維持しています。アルカリ剤によってキューティクルが開き、そこに混合液が入り込み、染料が中で定着することで髪が染色されます。

このように、髪を染色するとキューティクルを無理やりこじ開けることになります。そのため、髪のキューティクルは開いたままになってしまいます。キューティクルは保水性の役割があるため、髪のさらさら具合に大きく関係しています。キューティクルが開いてしまうことで、髪の水分が失われてしまい髪がごわごわになってしまいます。

ヘアカラーが与える髪・頭皮への影響

ヘアカラーによるダメージは髪だけでなく、頭皮にも与えてしまう危険性があります。

ヘアカラーはキューティクルだけでなく、髪の毛の内部にもダメージを与えます。ヘアカラー剤に含まれる脱色成分によって、髪の毛の内部のタンパク質が痛んでしまいます。その結果、髪がごわごわになってしまうだけでなく、髪が切れやすくなったりと髪がぼろぼろになってしまうのです。

ヘアカラーが頭皮についてしまうと、炎症やかぶれを引き起こす可能性があります。ヘアカラーをする際に頭皮がヒリヒリするのは、炎症が起こっているためであり、頭皮もダメージを受けているのです。頭皮が痛んでしまうと、髪が細くなったり、抜け毛が多くなったりと髪にも影響してきます。健康な髪を保つためには、健康な頭皮の育成が重要です。何度も、ヘアカラーを用いていると頭皮がアレルギーになってしまうことがあるため、要注意です。

髪が痛まないヘアカラー Rとは

出典:http://www.shinichi5.net

Rはnash corporation という会社によって作られた新しい仕組みで髪をケアします。ヘアカラーは「いつものヘアカラーをダメージレスに」というコンセプトで作られた製品で、普通のヘアカラーに比較してダメージ95%カットという驚くべき効果をあげています。実際に使ってみると一番わかりやすいですが、Rを使うとヘアカラーした後も髪がごわごわになったりしませんので、効果が見えて分かります。

手間がかからない?ヘアカラー Rの使い方

ヘアカラーRは、カラー塗布前に使うR-starterとシャンプー後に使うR-finisherで構成されています。starterはキューティクルを開き、髪の有効成分を内部に入れ込む役割をします。finisherは有効成分を内部に入れ込み、starterの成分と合わさることで有効成分を内部で増幅させる役割をします。自由に好きなカラー剤を選び、そのカラー剤と一緒にRを使うことで髪へのダメージを大幅に軽減できます。

使い方としては、まずstarterを髪全体にスプレー、コーミングし全体に均等に伸ばします。その後、カラーまたはブリーチを塗布します。カラーが終わると、よく流しシャンプーします。最後に、finisher を全体に塗布し、2、3分放置、すすぎで施術は終わりです。

このように、通常のカラーリングに比較して手間はほとんどかかりませんし、時間もほとんど変わりません。デメリットとしては、通常のカラーリングに比べて費用が多くかかってしまうくらいです。

なぜ髪が痛まない?ヘアカラー Rの仕組み

通常のヘアカラーを使うと、キューティクルが開き、髪の中のタンパク質が脱色成分によって傷つき、髪が痛んでしまいます。Rはインアールテクノロジーという新しい仕組みを使うことで、カラーリング中に髪をケアし、ダメージを軽減します。

インアールテクノロジーとは、髪にとって有効な成分を髪の内部深くまで届けて、髪のダメージを抑える仕組みです。有効成分には髪の強度を上げたり、柔軟作用や保護成分があります。また、髪の主成分や補修成分も含まれています。

Rを使うことで、カラーが入りにくくなったり、色が抜けにくいなどデメリットはありませんので安心して使うことができます。

まとめ

髪が痛む理由や、Rの凄さが伝わったでしょうか?

Rの凄さを体感するには実際に使ってみるのが一番ですので、興味を持たれた方は、ぜひ使用してみてください。使用後の髪の感じが驚くほど変わりますので、きっと満足するはずです。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です