リーゼ泡カラーの特徴や使い方・クールアッシュなどを紹介!


美容院とリーゼ泡カラーはどうなのかということが気になるかもしれませんが、リーゼ泡カラーは簡単に髪の毛のカラーリングをすることができます。

リーゼ泡カラーは頭皮にも薬品が付きますが、「しみる」人もいますし、これはパッチチェックをして問題無くても「しみる」人は「しみる」ようです。

ただし、「しみない」し、むらなく染める技術を持った人もいるので、悪い商品でもありませんが、初めてのカラーであれば、美容室に行った方がいいです。

美容室でのカラーの仕上がりを見てこんなもんなのかというのがわかれば、後はリーゼ泡カラーを使って自分で染めるがいいです。

また、最近のカラーリング剤ということで以前のカラーリング剤にあるような、むらができるとか染まらないとか、髪の毛がばさばさになるとかデメリットは説明書通りの使い方を守れば起こり得ません。

リーゼ泡カラーは泡で髪の毛を染めるのですが、泡を髪の毛にも見込んで待つだけでして、後は泡が頭皮にあたろうが問題ありませんので、根元から髪の毛を染めることができますし、比較的簡単にむらなく髪の毛を染めることができます。

色も各色出ていて自分に似合うカラーや気分に合ったカラーが選べます。

リーゼ泡カラーは美容院に行くより安く仕上げることができ、いちいち予約をしなくてもいいですので、便利です。

ですが、パッチテストは必ずして下さい。

もし、パッチテストで少しでも湿疹が出たりすると、実際に髪の毛を染めるとかなりのダメージを負うことになります。

下手したら、髪の毛が抜けてしまったりもしますので、注意して下さい。

スポンサーリンク

リーゼ泡カラーについて紹介!

出典:https://www.instagram.com/

リーゼ泡カラーは泡によるカラーリングですが、濃密密着泡を使っているので色むらができにくいというのが、ポイントとなっています。

カラーリングと脱色がセットになっているので、黒髪用ヘアカラー売り上げナンバー1となっています。

泡を髪の毛にも見込むだけで簡単にカラーリングができるという優れものなのです。

黒髪もどしやメンズの泡カラーもラインナップされており、男女関係無く利用でき、とても便利です。

女性用は基本的にロングヘアーに対応している量ですので、セミロング~ロングヘアの人でも安心して使うことができます。

男性用であれば、女性でいうところのショートカットくらいの長さまで対応していますので、こちらも安心してカラーリングができます。

リーゼ泡カラーの特徴

リーゼ泡カラーはその名の通り泡によるカラーリングをしますが、脱色とカラーリングがセットになっています。

泡の量は一回で1.5ℓもありますので、ロングヘアーのひとでも十分に染め上げることができ、その泡の量により、むらなく髪の毛を染められるように作られています。

泡もただの泡では無く濃密(泡が細かく弾力がある)密着(髪の毛にくっつきやすい)泡ですので、泡的にも色むらができにくいようにカラーリングできるように作られています。

色のバリエーションも多いことも特徴で、黒髪戻しも泡シリーズでラインナップされています。

リーゼ泡カラーは髪の毛を手軽に染められて手軽に元に戻せます。

リーゼ泡カラーの使い方

出典:https://www.instagram.com/

使い方は簡単で、泡を頭頂部にモコモコとのせて、髪の毛全体に泡をもみ込み30分(例えばで、髪の毛が太い人はプラス10分必要です)待つだけです。

泡をもみ込むというのが特徴で、この方法ですので、色むらができにくいという訳です。

ただ、カラーリング初めての人がいきなりむらなく染めるのは難しいです。

色んなコツが人によってあり、それが全てクリアできて初めてむらなく髪の毛を染めることができるのでしょう。

コツというのも説明書をしっかり読むことに尽きると思います。

整髪料が付いたまま染めるだとかは論外ですので、注意して基本を守り、失敗を重ねながら色むら無く染められるように頑張りましょう。

といっても落ち着いた色(暗い色)であれば、色むらはかなりわかりにくいですので、始めは暗めの色から挑戦していくのがおすすめかもしれません。

リーゼ泡カラーの種類

ピンク系、ブラウン系、ベージュ系、アッシュ系、黒髪戻し系で、それぞれ明るい色から暗めの色までラインナップされていて、自分の顔や肌に似合う色や、気分に合わせて色を選ぶことができます。

一度明るい色にしてしまうと暗くし辛いものですので、髪の毛の色を明るくする場合は慎重に考えましょう。

トナーをのせて暗くすることは美容室でもできることですが、トナーは複数回のシャンプーですぐに落ちてしまうので、あまり安易に明るい色にはしない方がいいです。

基本的にカラーリングは脱色とカラーがセットになっており、脱色してしまったものにいくらくらい色をのせても複数回のシャンプーで落ちてしまうものなのです。

カラーに関してはあまり期待を持たない方が良く、そういった意味でも色はブラウン系を選ぶのが無難かと思われます。

ブラウン系であれば、脱色をしているだけに近くそんなに色落ち感は感じないですので、後々の手入れが簡単です。

ピンク系

明るい色順にジュエルピーチ、ピンクベリー、エレガンスピーチとラインナップされています。

ピンクの色は2週間くらいもつそうで、その後は茶系にもっていくかまたピンクを入れるか選択肢ができます。

もちろんピンクを維持するのも良いですが、2週間ごとにカラーするのは髪の毛に良くないです。

ピンクはここ一番の時、そういう気分のときだけ限定して染めるようにしましょう。

ブラウン系

ウォーム系とナチュラル系があり、ウォーム系が明るい順にローズティブラウン、アイリッシュブラウン、ココアブラウン、ナチュラルモカとあり、ナチュラル系は明るい順にミルクティブラン、マシュマロブラウン、グロッシーブラウン、ロイヤルブラウン、ダークショコラ、ロイヤルショコラとラインナップされています。

一番染めやすい色で自然な見た目で色も落ちにくくキレイ色を長続きさせて維持できますが、一度染めると根元から黒い毛が生えてくるので、少なくとも1カ月に1回は染めないと見た目が変になってしまいます。

ベージュ系

ベージュ系は明るい順からミルキィベージュ、フレンチベージュ、キャンディベージュとあります。

ブラウンと同じでナチュラルな色ですので、色が落ちてきても不自然な感じはしませんが、根元から黒い髪の毛が生えてくるので、1カ月に一回は染める必要が出てきます。

ですので、だんだん髪の毛が明るくなる心配があるので、始めはくらい色から始めた方がいいです。

アッシュ系

アッシュ系には明るい順からクールアッシュ、ブリティッシュアッシュ、ナチュラルアッシュとあります。

アッシュ系は脱色してキレイなアッシュの色を出すか、黒髪にのせて光沢を出すかの2パターンがありますが、リーゼ泡カラーは基本脱色しますので、光沢を出す場合は泡をもみ込んでからの待ち時間を短くしてみるなどの工夫をして楽しむことができます。

黒髪戻し系

黒髪戻しは明るい色からナチュラルブラウン、ナチュラルブラック、1週間の短期間だけ黒色にする特別ナチュラルブラックがあります。

リーゼ泡カラーの価格・口コミ

価格は簡単に染められるという泡タイプですが、クリームタイムに比べてそんなに差は無く、むしろ安いくらいです。

口コミで価格のことを書いている方はいませんでしたが、美容院で染めるのとどちらがいいかという質問は多く見かけられました。

市販のカラーリング剤は「染まらない」と言われてしまうと欠陥商品と位置付けられてしまうので、少々髪の毛が傷んでもしっかり染まることを信条にし、さらに値段を安くしているので髪の毛は傷んでしまうのです。

値段の高いカラーリング剤ほど髪の毛には優しいのかもしれません。

自慢の泡カラーですが、リーゼはキレイに染められるという一方でこんな色むらだらけでは外を歩けないという人までそれぞれの書き込みを見かけます。

キレイに染められる人は慣れているし、染めやすい髪型なのだと考えられます。

泡カラーは全ての市販のカラーリング剤の中で最も失敗が少ない部類ですが、口コミとなると失敗した人くらいしか書かないからそうなったのかもしれません。

リーゼ泡カラーの価格

アマゾンでは108ml、566円ですが、値段が安いですので送料がかかってしまいます。

ある程度まとめて購入する人ならいいですが、ドラッグストアで買った方が送料がかからない分安く手に入るかもしれません。

またアマゾンとなりますが、メンズ泡カラーは70ml、733円と少し女性用より値段が高いですが、メンズ泡カラーも黒髪戻しなら533円と安いです。

リーゼ泡カラーは競合するブローネ泡カラーと比べると150円ほど安いです。

多くの人は市販のカラーリング剤どうしを比べるのでなく、美容院でかかる費用と比べるので、それほど、市販のカラーリング剤で価格を比べることには意味が無いかもしれません。

そして美容院で5000円ほどすることに対して、人件費を上げる人が多かったです。

リーゼ泡カラーの口コミ

とにかく失敗しづらいリーゼ泡カラーという評判ですが、きれいに染まらないという口コミを見かけます。

これは先にも書いた通り、キレイに染まらない人ほど口コミで書き込みをするからだろうと思います。

キレイに染まった人がそもそもわざわざ口コミで書き込みをするでしょうか?という理由です。

口コミでなくまとめサイトなどではランキングでカラーリング剤が列挙されていますが、最初の方にリーゼ泡カラーが出てきて、その理由は不器用な人には泡カラーリング剤が向いているからとのことでした。

泡タイプはクリームタイプと違いブロッキングをしなくてよく、ただ単に泡を髪の毛にまんべんなくもみ込むだけですので失敗の使用がありませんし、泡カラーといってもきちんと色が染まる強力成分を使っていることもランキング上位にくる理由ですが、一方髪の毛が傷むことも知っていた方がいいです。

まとめ

美容院でカラーリングをしないときれいに染まらない時代は終わりました。リーゼ泡カラーは失敗のしようがありませし、2液混合の本格的なカラーリング剤です。

安く仕上げる以外に自分の思い通りの色にするためにもリーゼ泡カラーはおすすめです。

ですが、要注意なのは必ずパッチテストでアレルギー反応を見ることです。

リーゼ泡カラーがどんなに優れた商品でも皮膚に合わなければ悪い商品になってしまいます。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です