シャンプーの使用期限はある?腐ってしまう理由や保存方法を紹介!


個人差がありますが、朝・夜にはシャンプーをされる人もいるでしょう。頭の汚れを落としてくれて、スッキリします。

何もしないで寝ると、頭が油こっくて眠れない人もいます。今回はシャンプーの使用期限や腐ってします理由・保存する方法について説します。

正しいやり方で管理しないと、長持ちできません。商品が腐ってしまうと新しい商品に買い替えますよね。

少しでも節約したい人にとっては、無駄な支払いに感じるかもしれません。このような失敗を割けるために、記事を参考にしてもらえるとウレシイです。

スポンサーリンク

シャンプーの使用期限について

出典:https://www.flickr.com/

みなさんは、シャンプーに使用期限があることを知っていますか。ドラッグストア・コンビニエンスストア・ディスカウントストアーでは販売されていますが、価格・香りといったポイントを重視して購入されているのではないでしょうか。

このような人は、無駄なシャンプーの買い方をしているかもしれません。いつまで利用できるのか把握しなければ、枝毛・フケを防ぐ・サラサラにするといった効果を実感できません。

今回はヘアケア商品の期間について解説します。決められた日付を守ることで、頭皮を痛めることもありません。

シャンプーに使用期限はあるの?

シャンプーには使用期限があるのでしょうか。みなさんが購入するときに見ているのは、商品名がかかれたラベルではないでしょうか。

実はシャンプーには、記載されていません。記載されている可能性がある底を見ても、期限についての記載はありません。

ずっと利用できるアイテムではありません。使用できる目安としては、開けていないアイテムは3年程度、開封したものは1年半とされています。

普段使っているヘアケア商品は、1年半ぐらいで交換してください。使用していない物も3年後には破棄しましょう。

シャンプーの使用期限記載されていない理由

出典:https://www.flickr.com/

加工されていない野菜・冷凍食品・ドリンクにも、いつまでに食べて欲しいのか日付が書かれていますよね。この期間を忘れてしまって、うっかり食品や飲み物を捨てた経験がある人もいるでしょう。

シャンプーになると使用期限が書かれていません。理由としては、防腐剤・殺菌剤といったカビが発生しないように作られているからです。

このような安全性が確保できるアイテムは、薬事法で使用期限の表示する義務がありません。だから、容器に期限が書かれていなくても、違法ではありません。

開封して1年半であれば、安心して利用できます。シャンプーによっては、防腐剤や保存料のない無添加タイプの商品もあります。

この場合は、定められている期限内に利用しないとカビや効果が半減する恐れがあります。いつまで利用できるのか書かれている商品については、記載されている日付までの利用をおすすめします。

まずは、裏面に使用できる日数がかかれているのかチェックしてください。

シャンプーが腐ってしまう理由

シャンプーが腐ってしまう理由には、いくつ考えられます。1つ目としては、合成保存料・香料を使用していないからです。

通常のシャンプーには、腐らないように保存料などが配合されています。これらの香料を入っていることによって、1年以上も腐らずに使用期限もなく使用できます。

しかし無添加や肌にやさしいアイテムでは、腐敗を防いでくれる成分が含まれていないタイプがあります。当然ですが、このような商品を使っていると頭皮にダメージを与えます。

カラダにやさいケアケアを使うときは、短いスパンで取り換えましょう。頭皮を守る対策になるからです。まとめると、肌にやさしい物は保管するための成分がありません。

よって、腐りやすいシャンプが生まれます。市販のものは、長持ちするような物質が使われています。よって、開封しても年単位で使用できます。

自分の肌質に合わせて、アイテムを選ぶことが頭皮を保護することにつながります。

シャンプーの使用期限を過ぎて使用した場合

使用期限が過ぎてしまったシャンプーが、物置から出てきた。このような経験のある人もいるでしょう。期限のない商品が多いでしょう。

オーガニックなどの頭皮にダメージが少ないシャンプーには、使用期限があります。このような経過しているアイテムを使うと、菌が入り込んでいるためと頭皮への湿疹・赤み・皮膚炎などのトラブルが考えられます。

市販のものでも、未開封で3年を経過していると保管状況により腐敗している可能性があります。

このアイテムで髪を洗っていると、頭皮に負担がかかるだけではなく抜け毛にもつながります。

症状が悪化するとAGA(男性型脱毛症)の原因になります。未使用でも3年を目安に破棄してください。捨て

るときは、中身を洗面台で流してから容器を水洗いします。

プラスチック製のボトルでなければ、燃えるゴミに出してください。出来るだけ早く使用することが、あなたの髪を守るために必要です。

シャンプーの保存方法

出典:https://www.flickr.com/

シャンプーの長く利用するには、正しい保存方法がかかせません。みなさんがシャンプーを置いている場所は、どんなところでしょうか。

ほとんどの人は、バスルームのシャワー付近ですよね。この保管方法では、長期で使うことはできません。なぜなら、高温多湿で細菌も繁殖しやすいからです。

他にも、湯船や雨の日に助かる室内乾燥をすれば水滴が入ります。お風呂では、菌が拡大する可能性があるのです。

正しい保管場所はどのような所が良いのでしょうか。適しているのは、日中の日差しが当たらなくて風の通りやすい場所です。

閉め切ったところに置いたままだと、腐りやすくなる原因となります。開封していないものを、床下の物置に閉まっている人も注意してください。

また、利用するときの工夫として必要な分をビンやパックに入れ替える方法もあります。この方法を使えば、余分に使わなくて済むので、節約にもつながります。

頭皮の洗いすぎも防げるので、髪のうるおいに必要な油が無くなりません。

「小分けにするのがめんどくさい」とバスルームでの保管にこだわる人は、お風呂の窓を開けるようにして、換気扇をつけて空気の通りを良くする。バスルームの水気をスポンジやタオルで拭いてください。湿気と水気をシャットアウトしなければ、長持ちさせられないでしょう。

毎回拭くことがめんどくさい人は、頭を洗ったらシャンプーを移動してみましょう。場所を変えるだけなので、ズボラな人も長続きします。

いつも利用している商品に期限があることに驚いた人もいるでしょう。いつも利用しているアイテムなので、しっかりと保存することで、あなたの髪と出費を防いでくれます。

未開封のシャンプーの使用期限・保存法

未開封のシャンプーは、どれぐらいの期間が持つのでしょうか。この件について、シャンプーを製造しているメーカーのQ&Aや美容師さんのブログで紹介されています。

共通しているのは、未開封でも「3年以内を目安に利用してください」といった回答をしています。一部で会社では3年以上使用しても問題ないように作られていると書かれています。

日本で作られている商品は、長期的に利用できます。保存方法については、美容師さんのブログには「暗い場所や乾燥しない所」と書かれています。

良くない保管は、ムシムシしていて水気のある場所です。バスルームは保管場所には適していません。

開封後のシャンプーの使用期限・保存法

開封したシャンプーには使用期限があるのでしょうか。使用しているアイテムについても、メーカーと美容師さんが回答しています。

すべての意見で共通しているのは、半年から1年以内または早めに使ってほしいといった内容です。野菜やお肉と一緒で開けてしまうと鮮度が落ちることと一緒です。

保管方法についても、シャンプーをお風呂に置いたままにしないことがベストです、できれば、頭を洗い終わったら、ボトルを拭いて乾燥している場所に保管しましょう。

水気や湿気を取ることで、長期間の利用とケアケア商品の効果を維持できます。

ヘアコンディショナーの使用期限・保存方法

シャンプーだけではなく、ヘアコンディショナーにも使用期限と正しい保存方法があるのでしょうか。各メーカーのQ&Aによると、未開封の場合は3年ぐらいが使用できる期限とされています。

この期間を過ぎると、湿度や水気のある場所に置いていれば腐る可能性も考えられます。保存方法としても、湿度のある場所はさけて、気温が上がりにくい場所を選びましょう。

開封している場合も、キャップ式ならしっかりと閉めてください。もったいなから行ってる人も多いヘアコンディショナーと水を薄めると商品の質が低下します。

早いうちに利用して、詰め替えるときもボトルの水洗いをして補充する習慣もつけてください。

トリートメントの使用期限・保存方法

トリートメントについても、大手製造メーカーのサイトによると未開封は3年程度、利用している場合は半年から1年とされています。

保存方法も水気や湿気のあるバスルームではなく、風通しの良い所を探して保管してください。このような工夫をしなければ、油が浮いてしまうことやボトルの形が変わる原因となります。

防腐剤などを使用していない商品は、3年も利用できない場合があります。市販のトリートメントよりも期限をチェックしてから使い始めてください。

まとめ

シャンプーの使用期限・腐るメカニズム・保存方法について解説しました。未開封のアイテムでも、3年前後で取り換えることが大切です。

長く利用していないアイテムには、油が浮いてしまうことやヘアケア商品の効果が薄れてしまうデメリットがあります。

保管方法についても、バスルームといった湿度が高く水分のある場所は良くありません。風通しの良い乾燥しない場所を選びましょう。

このようなスペースを確保できない場合は、頭を洗うときにシャンプー・トリートメント・ヘアコンディショナーを使用する分量だけ取り出しましょう。

余計なヘアケア商品を付かないので、節約にもつながります。また、節約するために水を薄めて利用することは、髪に良い影響を与えません。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です