シャンプーの選び方を成分・頭皮の状態などから解説!


シャンプーの選び方の記事へようこそ。みなさんの使われているシャンプーは、どのようにして選んでいますか。コマーシャルで若い女優・俳優さんが出ていて使っている人やドラッグストア・ディスカウントストア・スーパーマーケットのセール品を購入している人もいるでしょう。

それとも、乾燥肌やアトピー性皮膚炎があるので無添加シャンプーを愛用している場合もあるでしょう。人によって選び方も異なります。今回はシャンプーの選び方の注意点・成分・頭皮の状態によりおすすめのアイテムが異なることを解説します。

スポンサーリンク

シャンプー選び方が知りたい

出典:https://www.flickr.com/

なにげなく使っているシャンプですが、選び方を知りたいですよね。例えば、いつも安く売られている大手メーカーのシャンプーを使っているが、フケやかゆみが止まらない人や美容院で使われているプロ向けを使っても、ツヤのある髪にならないといった悩みを抱えていれば、どんな選び方が正しいでしょうか。

今回は、選び方のコツを紹介します。自分にピッタリの商品が見つけられると、ツヤのある髪やかゆみや乾燥しない頭皮へ変わるでしょう。

シャンプーの選び方:成分をチェックしよう

出典:https://www.flickr.com/

シャンプーを選ぶときに、安い商品を見つけようと努力している人もいます。自分にマッチしている商品を探すためには、価格よりも成分をチェックしましょう。

アイテムのパッケージやボトルの裏面には、シャンプーに使われている成分があります。おそらく、カタカナや漢字で書かれいますよね。香料・アミノ酸程度なら知っている人もいますが、他の成分は分からない人もいるでしょう。

例えばラウリン硫酸Naが使われている高級アルコール系シャンプ。価格の高いものではあく、市販で販売されているものです。汚れを落とす力はあります。その代わり、頭皮への刺激が強くしっしんやフケの原因とされています。皮膚が弱いひとにもおすすめできません。

このように使われている成分によっては、髪に悪影響を及ぼす可能性があります。

シャンプーの選び方は界面活性剤がポイント

シャンプーを選び方のポイントは、界面活性剤が重要なポイントです。市販で売られている物には、石油系界面活性剤が配合されてる場合があります。

洗浄力があるので、ガンコなくつ下やシャツのエリ汚れを落とす場合は優れています。しかし刺激が強いので、頭皮の油を落としすぎるのです。

よって、頭皮の乾燥をまねいて頭皮がかゆくなり引っかく人もいます。悪化すると頭皮しっしんとなり、ウミが出てくる場合もあります。

特に、肌の弱いひとは界面活性剤入りのシャンプーは避けた方が良いでしょう。

シリコンをチェック

最近では、シリコン入りのシャンプーをつかうとかゆみやフケの原因とウワサされています。某化粧品会社のホームページによると、シリコンを使用しても皮膚トラブルや頭皮の毛穴がつまらないと書かれています。

そもそも、シリコン(正式名:シリコーン)は、キッチン家電のシリコンスチーマー・食べ物・病院でも使われています。

シャンプーなどのヘアケア商品にも使用されていて、ツヤのある髪には欠かせないのです。シリコーン入りだから、人体に有害のあるアイテムとは限らないのです。

「シリコン入りだから使用するのを避ける」「ノンシリコンは安心」と思い込まないで、自分の頭皮に合っている商品を選択してください。

フケやかゆみが起きたら使用を中止して皮膚科医の診断を受けましょう。

シャンプーの選び方:頭皮の状態

みなさんは、シャンプーを以下の基準で選んでいませんか。

  • パッケージがかわいい・かっこいい
  • リーズナブルな価格だから
  • 有名なメーカーだから

このような理由で購入しても、自分の体質に合っているシャンプーに巡り合えるでしょう。しかしロクに調べないで購入するとフケ・かゆみ・皮膚の炎症や頭皮に間違ったケアを行うでしょう。

これでは、ツヤのある髪やサラサラヘアーには近づけません。ここからは、頭皮の状態に合わせたシャンプーの選び方を紹介します。

シャンプーの選び方は美容師に聞いてみる

シャンプーの選び方で悩んでいたら美容師に聞いてみましょう。髪のプロフェッショナルであるスタイリストに聞くことによって、自分に適しているアイテムが見つかります。

なぜなら、美容師の仕事にはお客様に合ったシャンプーをすすめることも含まれているからです。髪の悩みをヒアリングしてもらいながら、長く付き合える商品に出会ってください。

しかし1つだけ注意点があります。美容室の中には、お店が販売したい商品を進めてくるケースもあります。なぜなら、ケアケア商品を販売することによって売上につながるからです。

このようなアイテムがあなたにマッチしているとは限りません。購入する場合も、サンプルをもらってテストをしてください。

または、カット後の洗髪で使い心地をチェックしてください。

脂質肌の人のシャンプーの選び方

脂質肌は、オイリー肌とよばれているタイプです。シャンプーをしても数時間たつと頭皮が油ぽくなり、頭皮をさわると油のようなニオイのする人は当てはまります。

皮膚が過剰に分泌されているので、毛穴に汚れがたまりやすいです。しっかりとしたケアーをしなければ、薄毛になるでしょう。

他にも、脂っこい食事(ラーメン)をしている人も、頭皮がベタベタになりオイリー肌です。しかし頭皮は皮脂が多くて、乾燥しているインナードライ肌もあります。

この場合は、オイリー向けのヘアケアをすると逆効果になる恐れがあります。乾燥が進行するリスクがあるので、美容師などの専門家に相談してください。

乾燥肌の人のシャンプーの選び方

アレルギーや皮膚トラブルのない人なら、大手メーカーが販売している界面活性剤入りのシャンプーでも問題ありません。

乾燥肌の人が同じような方法をしても、改善する見込みはありません。ここからは、乾燥肌向けのシャンプーの方法とおすすめのアイテムを紹介します。

まず、シャンプーの回数を減らすことです。乾燥肌の人は使わない人を作っても問題ありません。なぜなら、洗浄力が強いものが多く、乾燥の原因となるからです。

使う頻度を週2回前後にして、お湯で頭皮を洗い流すだけでもダメージは軽減されます。しっかりとシャワーで流すだけでも、約80%の汚れは取れるのです。

使用するシャンプーも刺激の少ないアミノ酸系シャンプーにしましょう。汚れを落とすだけではなく、髪の乾燥も防いでくれる成分が使われています。

カサカサした頭皮で悩んでいる乾燥肌の人でも、安心して利用できます。

避けた方がいいシャンプーの選び方

避けた方がいいとされているシャンプーは、ラウリル・ラウレス・硫酸と書かれているシャンプーです。これは、界面活性剤の1つです。

これらは、ドラッグストア・コンビニエンスストア・スーパーで手軽に購入できるシャンプーに配合されています。

安全性がないとは言えませんが、洗浄力が強い商品が多く頭皮に必要な油も取り除いていしまうのです。最低限の皮脂がなければ、毛の根本にも影響が出てきます。

カラーリングやパーマを繰り返している人なら、髪が傷んでいます。最悪の場合は、抜け毛が進行して、育毛対策を必要です。

界面活性剤の入ったシャンプーで洗うと、髪をダメージから守るキューティクルも壊されて、ダメージが進行します。

シャンプーの選び方のポイント:種類

一口にシャンプーといってもさまざまなタイプがあります。代表的なものが高級アルコール系・石鹸系・アミノ酸系の3つです。今回は、シャンプーの種類について紹介します。

高級アルコール系

みなさんは、普段利用しているシャンプーは高級アルコール系です。高級と書かれているので、髪にやさしい成分を配合している印象ですが、炭素数が大きいといった意味で

この数値が大きくなると、泡立ちしやすいのです。あなたが購入している商品は、泡立ちが良いですよね。

汚れをしっかりと落としてくれるイメージですが、髪に必要な油も洗い流してしまいます。具体的な成分としては「ラウリル」「ラウレス」「硫酸」とパッケージの裏面に記載されています。

市場に多く出回っているシャンプーは、高級アルコール系だと認識しても良いでしょう。メリットは、泡立ちがよく・リーズナブルな値段・さっぱりとした洗い心地です。デメリットには、刺激が強い・皮脂を取りすぎる・かゆみといった肌トラブルにつながります。

抜け毛が増える場合もあり、育毛対策が必要なケースもあります。

石鹸系

石鹸系とは、せっけんシャンプーのことを指します。販売している会社も環境と人にやさしい商品開発をしているので、乾燥肌・敏感肌・刺激に弱い赤ちゃんでも利用できます。

有名なメーカーとしては、しゃぼん玉石けん・ミヨシ石鹸・松山樹脂が挙げられます。中でも、しゃぼん玉石けんは、排水溝から流しても川を汚さないEMシリーズを販売しています。

メリットは、カラダに害のある物質がない。販売価格が安いです。デメリットは、洗った後に髪がゴワゴワすることです。

シャンプーとセットで販売されているトリートメントやリンスを利用しましょう。

アミノ酸系

アミノ酸系のシャンプーは、3つの中でもっとも頭皮への負担が少ないです。低刺激なので、乾燥肌や敏感肌で苦しんでいる人でも、使いやすいアイテムです。

人間の髪を生成しているタンパク質がアミノ酸から作られています。髪の元であるアミノ酸で作られたシャンプーが頭皮に悪い影響を与えることはありません。

アミノ酸シャンプーを使用すると、髪のコシやツヤが生まれます。適度に皮脂取りながら、いらない汚れは洗い流してくれるので、バランスが良いです。

デメリットとして挙げられるのが、原料であるアミノ酸の高いです。販売されている商品も200ml2000円前後と市販の物と比較して3~4倍近くの値段です。

それでも、フケやかゆみを防ぐアイテムとしては優れているでしょう。

シャンプーの選び方のまとめ

シャンプーには、高級アルコール系・石鹸・アミノ酸と3つのタイプがあります。普段利用している高級アルコール系はふけやかゆみのない正常な頭皮なら問題がありません。

乾燥肌の人なら、洗う力が強すぎるのでカサカサになる原因となるでしょう。そのため、低刺激とされているアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

しかし体質によってはかみゆやフケが出る恐れもあります。少しでも違和感を感じたら、かかりつけの皮膚科に相談しましょう。

気軽相談できる美容師がいれば、アドバイスしてもらう方法もあります。

ここまでシャンプーの選び方を紹介してきました。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です