市販シャンプーランキング!ドラッグストアで買える19選と選び方を紹介!


ノンシリコンシャンプーというものが台頭してきた昨今ですが、最先端はボタニカルシャンプーなどというものもでてきました。

何のことなのでしょうか。

ノンシリコンシャンプーとはシリコンシャンプーと違いシリコンが入っていないということですが、意外に多いのが(ほとんどそうですが)コンディショナーやトリートメント、整髪料にシリコンが入っているのです。

ではシリコンはそんなに悪いモノなのかといことですが、それほどでもありません。

ところでボタニカルとは植物由来の~ということです。

オーガニックと何が違うのかということですが、目指しているのは似たようなものです。

そもそもの話ですが、シャンプーはそんなにお金をかけても仕方のないモノです。

とはいってもそこは大企業さんの市販シャンプーは中々揚げ足の取れない良くできた商品となっています。

香りも昔に比べて良くなりましたし、整髪料もスッキリとれる洗浄能力があります。

スポンサーリンク

目次

ドラッグストアで買える市販シャンプーの選び方

出典:https://www.flickr.com/

値段で選ぶ、デザインで選ぶ、香りで選ぶ、ここまでは自由です。

ですが、ノンシリコンだから、ボタニカルだからは少しやめておいた方がいいです。

加えて、整髪料を普段付けていらっしゃるなら(特にワックスなど取れにくいモノ)洗浄能力の高いシャンプーを選ぶ必要があります。

基本的に男性用の整髪料でそんなに落ちにくいモノは少ないですが、女性用では様々な成分が添加されていて、洗浄能力の高いシャンプーが必要になり、そして男性でも洗浄能力の高い製品が欲しければ女性用を買う必要があります。

市販シャンプーの洗浄成分を確認しよう

色々とドラッグストアのシャンプーに含まれている洗浄成分が配合されていますが、どれも界面活性剤で、陽イオンのモノや陰イオンのモノ(両性・非イオンも含む)で種類が分かれています。

要は髪の毛及び頭皮で水に溶けない非水溶性の汚れ(親油性)を水溶性の成分で囲みこんで水で洗い落とすということです。

ドラッグストアで選ぶ際に最も重要視するべき点で、人によってはそんなに洗浄能力が強力なものは不要ですし、強力なものが必須となる人も出てきます。

洗浄能力が強力かそうでないかは使ってみるか口コミでしか分からない部分です。

また、その洗浄能力の性格(対皮脂か対整髪料なのか)もシャンプーによって変わってきます。

私であると、アリミノのスパイスというヘアワックスをつい最近まで使っていたのですが、ラックスのボタニカルシャンプー(一応ノンシリコンシャンプー)でないと髪の毛から整髪料がとれませんでした。

私は人から聞いた話でしつこいワックスなどの整髪料はノンシリコンでしか取れないと知り、ラックスのボタニカルを買ったのですが、その前にスーパーマイルドというシャンプーもノンシリコンでしたが整髪料はあまりすっきりと取れないなど、経験しました。

もちろんノンシリコンでないとワックスが取れないという話は嘘で、大事ことは洗浄能力の強さです。

髪質で選ぼう

パサつきがある場合アミノ酸系の洗浄成分が入っている方が良く、くせっけの場合水分のコントロールができるような製品が良く、頭皮が油っこい場合は洗浄能力の高いメントールが配合されたシャンプーが良く、髪の毛が傷んでいる場合赤ちゃんなどに使うベタイン系のシャンプーが良く、剛毛やごわつきがある場合はアミノ酸系のうるおい成分が入っているシャンプーが良いです。

天然の保湿成分が入っているかどうか

天然の保湿成分と言えば植物オイルが一般的で、特に髪の毛がごわごわしている人などにおすすめですが、髪の毛が細くボリュームの無い人が使うとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。

基本的にシャンプーの成分は、含有量が多い順に表記されているので、水と書いてある次に何らかの植物由来の保湿成分が書いてあると効果的で、含有量が多い証拠です。

例えば植物由来の保湿成分はアルガンオイル、シアバター、ホホバオイル、オリーブオイルなどがあります。

シアバターはUVカットもしますので、優れた植物由来保湿成分といえます。

他にも植物由来の保湿成分はたくさんあるのですが、大体ありがちで主成分となる保湿成分は以上です。

いい匂いの市販シャンプー

香水であると異性から狙いすぎて評判が悪いことなどもありますが、シャンプーのほのかな香りは男女ともに好感度が高く、非常に異性に対してのアピールとして強い効果があります。

実際に匂いというのは脳に直接働きかけ、その人を印象付けるものですので、ほのかな香りは洗脳のように異性にアピールします。

残念に思うことはきれいな女性ほど、カッコいい男性ほどいい匂いのする芳香剤やシャンプーを使っていることで、誰でも自信をもっていい匂いが翌日まで香るものを使ってほしいものです。

ファッションに置いて最後にこだわるのが香水と言われている通り、例えば自分の髪型がいまひとつと自分で思っていたり、妥協していたり、服装がいまひとつと自分で自覚している場合などは典型的に自分の香りのことなど考えないという結果になるから魅力的な人ほどいい香りを身にまとっているといった構図が成り立つのです。

では、髪型がいまいひとつで服装がいまひとつでもシャンプーのほのかな香りがしたらどうでしょうか?

かなり印象が変わるハズですので是非翌日まで香りの続く製品を使ってみて下さい。

選んではいけない市販シャンプーは?

全ての人に悪い訳ではありませんが、市販のシャンプーで選ばない方がいい製品はラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naを含んでいる製品で、これらは洗浄能力が高過ぎ頭皮や髪の毛のタンパク質を変形させてしまうことがあります。

もちろん上記にもあったように頭髪から落ちにくいワックスなどを使っている場合はこの成分が無いとなかなか頭髪から整髪料がとれず困ります。

ですが、一般的には洗いすぎ状態になりますので、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naは避けた方が良く、一般的に安物の製品に含有されていることが多いですので、そこそこ有名メーカーの良い値段のする製品にはまず含まれていませんのでそれほど神経質にならなくても良いと思いますが、有名といっても安いシャンプーはありますので、一応注意してみて下さい。

ドラックストアで買える市販シャンプーランキング!

出典:https://www.flickr.com/

ドラックストアで買えるといってもとても種類が豊富で、何かと迷われるかもしれませんが、それが普通です。

危ないのがCMでよく宣伝しているから、安いからといった安易な判断です。

ですので、ドラッグストアで自分の髪質を見てもらい髪の悩みなどを伝えどれがおすすめのシャンプーであるか直接店の薬剤師にきいてみると的確なシャンプーやコンディショナーあるいはアフターケアの洗い流さないトリートメントなどをすすめてくれるでしょう。

ここで重要なのは美容室で相談しないということで、美容室で相談すると無駄に高級なものをすすめられることが多く、一方でドラックストアで相談すると値段のことも考慮してさらにプラシーボの無い本当に効果のある商品を選んでくれるという点です。

市販・ドラッグストアで買えるシャンプーランキング19位・エッセンシャル

出典:https://www.amazon.co.jp/

主要成分に水の次にラウレス硫酸アンモニウムが入っており、刺激は強いのですが、洗浄能力が高く、落ちにくい整髪料を使っている場合にはしっかりと整髪料が落ちますのである意味おすすめでき、19位といえどもランキング入っているだけはあります。

パサつきを押さえるタイプのシャンプーで髪の毛の長い女性向けであるといえます。

カラーで傷んだ髪の毛などにも向いており、髪の毛の根元からツヤを出るようにします。

これらの傷んだ髪の毛の補修作用、パサつきを押さえるという作用はシリコンによるものですが、シリコンは上記のとおりそんなに悪いものでもないですが好き嫌いはあるかもしれません。

香りは果実と花由来のブーケの香りがします。

市販・ドラッグストアで買えるランキング18位・ディアボーテひまわり

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販シャンプーランキング18位はディアボーテひまわり。ディアボーテは正式名所ディアボーテHIMAWARIというだけあって、ヒマワリ茎葉エキス、ヒマワリ芽発酵エキス、オーガニックヒマワリオイル、オーガニックヒマワリ芽エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ種子エキスとひまわり由来の油分がふんだんに入っています。

これらの油分は年齢と共に髪の毛のうねりやクセ、パサつきを修正し、素直な髪の毛にまとめます。

ディアボーテは硫酸系界面活性剤では無くアミノ酸系洗浄成分を使用しており穏やかな洗浄成分となっています。

ひまわりもアミノ酸系洗浄成分を使っているので髪の毛に優しいといえます。

ですが、やはり皮脂が気になる方は二度洗いする必要がでてきます。

またノンシリコンシャンプーとなっていますのでこだわる人はいいのではないのでしょうか。

ですが、髪の毛が多い、固い、重たい人にとってはディアボーテを使うことで髪の毛が余計に重たくなったなどの話があります。

基本的にひまわりは皮脂の落ち着いた髪の毛の痛みが気になる30代以上の女性向けのシャンプーといえ、コンディショナーも保湿系成分に徹底的にこだわった一品となっています。

ひまわりは合う人にはとても合いますが、合わない人には合わないですのでよく自分の頭皮髪の毛の環境を考えて選んで下さい。

ちなみにドラッグストアで選べる市販シャンプーの中ではトップクラスに頭皮に関して低刺激です。

香りはひまわりの匂いなのですが、草のような匂いに感じる人もいるようで、シャンプーよりコンディショナーの方が香りはきついようです。

市販・ドラッグストアで買えるランキング17位・ちふれアミノシャンプー

出典:https://www.amazon.co.jp

おすすめ市販ランキング17位はちふれアミノシャンプー。ちふれアミノシャンプーはアミノ酸と絹から生まれた成分、ラベンダー油配合となっており、優しい洗い心地(弱い洗浄能力)となっています。

アミノ酸系のシャンプーは比較的高価になりがちな中このちふれアミノシャンプーは良心的な値段となっており、香りは落ち着いたラベンダーの香りとなっています。

ちふれアミノシャンプーは保湿成分がふんだんに含まれているにも関わらず洗浄能力が優しいので頭皮が油っこい人には向いておらず、どんどんシャンプーを使うたびに油が貯まるような感じがするとの声もありました。

ですが、まとめるとアミノ酸系であるのにもかかわらず安いとコストパフォーマンスの高いです。

市販・ドラッグストアで買えるシャンプーランキング16位・スカルプD

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販シャンプーランキング16位はスカルプD。スカルプDは抗酸化作用や代謝促進促すクロレラや整肌作用のあるタンニン、フラボノイド、シトステロールを含むセイヨウニワトコエキスが配合されています。

男性ホルモンに働きかける、黒大豆・青大豆・黄大豆の豆乳発酵エキスが含まれています。

これらの成分は頭皮に対して働きかける成分ですが、しっかりと頭皮に吸収されていることが検証実験で明らかになっています。

スカルプDの洗浄成分はコハク酸洗浄成分ですので、洗浄が優しくきめ細やかな泡が立ち、頭皮をいたわり、しっかりと汚れを落とします。

また髪の毛にもハリコシを出す成分が含まれており、頭皮だけでなく髪の毛のこともしっかり考えらえたシャンプーといえます。

男性用の高級シャンプーといえます。

市販・ドラッグストアで買えるシャンプーランキング15位・スティーブンノル

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング15位はスティーブンノル。スティーブンノルシャンプーはアミノ酸系洗浄成分で髪の毛に優しい洗浄成分となっていますが、頭皮の脂が気になる方には少し爽快感に欠けるシャンプーとなっていまいます。

アミノ酸系洗浄成分のスティーブンノルは髪の毛がうるおいにつつまれ指やクシの通りが良くなりますが、悪くいえば(髪質によっては)べちゃっとした仕上がりになってしまいますので、人によりけりでみんなにおすすめという訳ではありません。

また、頭皮にも優しいアミノ酸系洗浄成分を使っているのですが、スティーブンノルはベベントリモ二ウムクロリドという頭皮を刺激するような成分も配合されており、頭皮がかなり気になる人もスティーブンノルシャンプーは避けた方がいいかもです。

フローラルフルーティウッディの香りがするのですが、翌日まで香りはほのかに匂います。

市販・ドラッグストアで買えるランキング14位・モーガンズアミノ酸ヘアシャンプー

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング14位はモーガンズアミノ酸ヘアシャンプー。モーガンズアミノ酸ヘアシャンプーは赤ちゃんにも使われるヤシの実由来の洗浄成分により、優しく髪の毛と頭皮を洗います。

大きな特徴では、髪の毛と同じ弱酸性の20種類ものアミノ酸を配合されており、髪の毛を健康な状態に導きます。

シリコンや石油由来成分を一切含まないというこだわりにより、髪の毛や頭皮に優しい製品となっています。

また、モーガンズアミノ酸はトリートメントもノンシリコンと徹底したこだわりをもっています。

Cosmeのシャンプーの口コミランキングで1位を獲得しています。

ふんわりサラサラでは無くどちらかというとしっとり落ち着きの髪の毛を目指してこの製品は作られています。

市販・ドラッグストアで買えるランキング13位・ミノン

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング13位はミノン。ミノンはアレルギーの刺激成分となる成分を徹底的に除外した、頭皮に優しい無着色・無香料のこだわりのシャンプーです。

もちろん硫酸系界面活性剤は完全に不使用にしており、子供の肌荒れにも効果があり、フケかゆみを防ぎ、とにかく頭皮の健康に特化したシャンプーで、洗浄成分は植物由来のアミノ系洗浄成分を使用しています。

脂質が多い場合で、頭皮にかゆみがある場合脂漏性皮膚炎の可能性もあり、その場合はミノンでも頭皮のかゆみが取れない可能性もありますので、その場合は皮膚科で薬を出してもらい、ミノンで髪を洗うといいのではないでしょうか。

アミノ系洗浄成分ということで、髪の毛はしっとりとした仕上がりで、どちらかというと重たくなりますので、重たくなりがちの人には向いていません。

市販・ドラッグストアで買えるランキング12位・YAEKA

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング12位はYAEKA。YAEKAはシリコン、ラウレス硫酸、パラベン、合成着色を一切使っていません。

頭皮や髪の毛に対して優しいです。

和漢植物オイルを使用しておりツバキ、ひまわり種子、ザクロ種子、アンズ、月見草由来のオイルを使っています。

和漢植物エキスとしてダイズ、ニンジン根、しょうが根、ウコン、トウキ根が配合されています。

美容成分としてプラセンタ、セラミド、酵母エキス、コラーゲン、パールが配合されています。

とにかく徹底的に天然成分由来の頭皮、髪の毛のダメージリペアが配合されており、その代わり少し、値段は高めとなっています。

香りはハーブと花の香りです。

市販・ドラッグストアで買えるランキング11位・SALA

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング11位はSALA。植物由来のダメージケアリピッドがSALAだけにサラサラの髪の毛を作り出してくれます。

シルクエッセンスが髪の毛にツヤとハリを与えます。

比較的洗浄能力が高めですが、髪の毛の輝きがでるので、香りは強めです。

洗浄能力強めでしっとりというよりサラサラというイメージの製品で、サラの香りがします。

髪の毛がサラサラになるということは反面まとまりが無くなるということで、洗浄能力が高くすっきりした感が高いということは、敏感な頭皮の方には少し刺激が強過ぎる可能性があるということです。

市販・ドラッグストアで買えるランキング10位・ジュレーム

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング10位はジュレームアミノです。ジュレームアミノの洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分で、頭皮に良いのですが、使った人によって効果が分かれるようで、本来は頭皮が荒れることは無いはずなのですが、頭皮に気を使うならやはり、メリットなどの頭皮をいたわる専門のシャンプーを使った方が良いようです。

ちなみにジュレームで評価の高いシャンプーはジュレームアミノシャンプーだけで、他はアミノ酸系洗浄成分ではない上に評価は低いです。

香りは種類によって違うのですが、かなり高評価でき、ここに関しては評価が分かれることは無いようです。

市販・ドラッグストアで買えるランキング9位・オレオドール

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング9位はオレオドールです。オレオドールはコーセー製のボタニカル、ノンシリコン、硫酸系界面活性剤は完全に不使用のシャンプーで、洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分となっています。

髪の毛が傷んでいる人には特に使ってほしいシャンプーで、頭皮の荒れが気になる方にもアミノ酸系洗浄成分配合の点でおすすめできます。

まさに今のシャンプーの中で最高付加価値のシャンプーとなっています。

コンディショナーに頭皮に悪い成分が入っていますが、説明書きには髪の毛だけに塗るように書かれているので、問題は無いと思います。

香りはフルーツにメンソールを混ぜたようなとても強いものになっていますが、好みが分かれるところかもしれません。

市販・ドラッグストアで買えるランキング8位・ギフトモイストシャンプー

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング8位はギフトモイストシャンプーです。ギフトモイストシャンプーは洗浄成分がアミノ酸系洗浄成分でやはり、髪の毛と頭皮に優しい成分となっており、髪の毛が長く細い女性向けで、頭皮の脂質が多い人(男性)には向いていません。

保湿成分に3種類のセラミドであるヒマワリセラミド、ミルク由来セラミド、植物セラミドが配合されています。

ギフトモイストシャンプーはノンシリコンシャンプーで、パラベン・エタノール・合成着色料不使用です。

香りはバラをベースにローズヒップやバニラの香りで、女性向けとなっています。

市販・ドラッグストアで買えるシャンプーランキング7位・TSUBAKI

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販シャンプー7位はTSUBAKIです。シリコンシャンプーバージョンとノンシリコンバージョンがありますが、残念ながらノンシリコンバージョンにはシリコンの入ったコンディショナーが使われています。

ですが、冒頭に書いた通りシリコンがそんなに悪者かどうかはまだはっきりしません。

それが理由かTSUBAKIを使った人は「私には合うのに評判が悪いらしく、美容室でも否定的な意見を聞きましたがどうなのでしょう?」といった話が良く上がっています。

正直TSUBAKIがあまりにも有名だからこのような話が出てくるのでは、と私は思いました。

保湿成分が過剰であるとかも懸念されているようですが、他のシャンプーでも保湿成分は必須成分ですので、TSUBAKIがそんなに悪い訳がないと思いますが、やはり合う、合わないは人によって髪質が色々であるように存在するようで、こればかりは有名であればあるほど悪口も多くささやかれるだと思います。

市販・ドラッグストアで買えるシャンプーランキング6位・モイストダイアン

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング6位はモイストダイアンです。モイストダイアンは髪の毛がダメージにより傷んでパサついていたり、まとまりが無く、うねりなどがあるような人に向けたシャンプーで、幅広い年齢に使えるシャンプーです。

それぞれ髪の毛の状態によって、痛みにエクストラダメージリペア、ツヤにエクストラシャイン、ハリコシ・頭皮荒れにはボリューム&スカルプがおすすめです。

また、モイストダイアンシリーズにはボタニカルバージョンもラインナップされています。

香りは甘い香りですので、頭の匂いが気になる場合あまりその匂いは抑えることは難しいです。

市販・ドラッグストアで買えるランキング5位・エンハーブ

おすすめ市販ランキング5位はエンハーブです。エンハーブは合成界面活性剤不使用のアミノ酸系洗浄成分のシャンプーでダメージを受けた髪の毛や荒れた頭皮に効果が期待でき、また、付加価値となりますが、ノンシリコンシャンプーでもあります。

エンハーブはアミノ酸系洗浄成分のシャンプーにありがちな髪の毛や頭皮に優しい一方で脂質の洗い流しに難があるということが無いアミノ酸系洗浄成分の組み合わせで、非常に評価が高いです。

シャンプーのコンセプトは髪の毛のエイジングケアに視点を当てているようです。

かなり、褒めるところばかりのシャンプーですが、それだけに値段が少々高いシャンプーです。

市販・ドラッグストアで買えるランキング4位・いち髪

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキングは4位はいち髪。洗浄成分はサルコシン・ベタインで少しサルコシンが刺激が強い洗浄成分なのですが、汚れをすっきり落としたい人にはばっちりで、またノンシリコンシャンプーです。

ただ、ノンシリコンシャンプーではありますが、コンディショナーにシリコンは入っています。

各種エキス系・油分等がふんだんに配合されていますので、しっとりと仕上げたい人向けです。

決して髪の毛は軽くサラサラにはなりませんのでご注意を。

実はいち髪はノンシリコンシャンプーの宣伝をし始めたはしりのシャンプーです。

香りは翌日も良く香るいわゆるありがちなシャンプーのにおいですがすがしいです。

市販・ドラッグストアで買えるシャンプーランキング3位・アルジェラン モイストリペア

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング3位はアルジェラン モイストリペアです。アルジェラン モイストリペアはコカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタインというとてもマイルドな洗浄成分が配合されています。

特にアルガンオイルを使ったオーガニックシャンプーとして売り出されているのですが、アルガンオイルは頭皮に関してアンチエイジング効果があり、優れた成分であるといえます。

しかし、アルジェラン モイスとリペアオイルシャンプーは様々なオイルが含まれ過ぎこれでは総合的に何のオイルの特徴でどうなるのかが分かりづらくただただ、たくさんオイルを含んでいますという結果になってしまいます。

とはいうものの髪の毛はしっとりとして、香りは良いです。

また、防腐剤を含んでおらず、この点についてもおすすめできます。

市販・ドラッグストアで買えるランキング2位・凛恋

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング2位は凛恋です。凛恋はシリコン、パラペン、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料を一切使っていません。

洗浄成分にヤシ油、アミノ酸系活性剤が配合されているので、刺激が少なく頭皮に気を使っている方、髪の毛が傷んだ方でもおすすめでき、植物エキスでさらに頭皮、髪の毛の健康感を向上させます。

植物エキスには九州有明産 海苔エキス、愛知県豊橋産 しその花エキス、高知県産 ユズ果皮油が含まれています。

香りはゆずとジンジャー爽快な匂いがします。

市販・ドラッグストアで買えるシャンプーランキング1位・ラックス

出典:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ市販ランキング1位はラックスです!ラックスはラウレス硫酸Naが洗浄成分のメインで、皆から毛嫌いされている強い洗浄成分となりますが、これが原因で整髪料がしっかり洗い落せたり、スッキリした感じが得られます。

また、保湿成分も加水分解ヒアルロン酸などが配合されており、ラウレス硫酸Naの刺激を和らげてくれるという仕組みで、特に髪の毛が傷んでいる場合保湿に非常に効果的です。

ラックスにはノンシリコン・ボタニカルのものもあり、非常に付加価値が高いシャンプーです。

まとめ

シャンプーは宣伝で選んではいけないということがあります。

それは宣伝にお金がかかり過ぎるからですが、では口コミで選べばいいのかという話ですが、それもだめです。

特にネットであると非難する声があまりにも多く、本当にシャンプーのことを分かっているのかも疑問な声があります。

とにかく重要なポイントは自分の髪の毛や頭皮がどういう状態で、だから、どういったシャンプーが欲しいのかを明確にするべきです。

自分の髪の毛、頭皮に合う製品が一番良いシャンプーです。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です