美容室の経営分析に役立つ顧客管理システムサロンディレクターズプロとは?


美容室の経営をされている経営者にとって経営する美容室の売り上げを順調に伸ばしていくために欠かせないのが経営分析です。
経営分析の方法はお客様が支払った金額を高度に分析するデシル分析やお客様を3つの指標で並べ替え、グループ化して分析するRFM分析など様々な分析方法があります。

この美容室の経営分析を自分でするとなるとかなりの時間や手間を要しますが、美容室用の顧客管理システムであるサロンディレクターズプロを導入すれば、様々な経営分析を短時間で行うことが可能となります。

ここでは、そんな経営分析ができる美容室用の顧客管理システムサロンディレクターズプロを導入するとどんな経営分析ができるのかと、サロンディレクターズプロを導入する場合の費用について詳しくご紹介させて頂きます。

「美容室の経営分析はかなり手間や時間がかかるので、時間と手間が大幅に作成できる顧客管理システムを導入したい!」

とお考えの美容室経営者の方は、ぜひ、以下の記事をご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

美容室経営者なら必ずやっておきたい経営分析!


出典:pixabay

美容室の経営者なら必ずやっておかなくてはいけないのが現在経営している美容室の経営分析です。
この経営分析がきちんとできていないと経営する美容室の売上状況を把握することができませんし、売上を順調に伸ばしていくこともできません。

現在経営している美容室の売上UPをはかりたいのであれば、後ほどご紹介させて頂きますサロンディレクターズプロなどの顧客管理システムなどを導入するなどして効率的に経営分析し、新規顧客獲得&売上UPをはかるための対策を練る必要があります。

KAMIUには美容業界で上場している数少ない企業である田谷の経営分析をしている記事があります。
ご興味のある方は、ぜひ、ご一読ください!

美容室顧客管理システムサロンディレクターズプロはどんな分析ができる?


出典:サロンディレクターズプロ

上記でも少し触れましたが、経営する美容室の売上を順調に伸ばしていくためには経営分析をする必要があります。
ただし、きちんと経営分析をするとなると時間や手間が必要となります。

その時間や手間をはぶいて短時間で美容室の経営分析をするお手伝いをしてくれるのが、美容室用の顧客管理システムであるサロンディレクターズプロです!

「サロンディレクターズプロってどんな分析ができるの?」

と疑問に思った方のために、以下に美容室用の顧客管理システムであるサロンディレクターズプロでどんな経営分析ができるのかをいくつかご紹介させて頂きます。

サロンディレクターズプロの実力をお知りになりたい方は、要チェックです!

知りたいお客様を簡単検索!絞り込み分析

サロンディレクターズプロでできる経営分析のひとつが絞り込み検索です。

例えば、平均支払金額が10000円から12000円の女性のお客様で年齢の範囲が20歳から30歳までの誕生日を60日以内にむかえる方を検索したい場合は、検索条件をチェック&指定すれば、条件に合ったお客様のリストを瞬時に表示することができます。
お客様リストではお名前や性別のほか誕生日や年齢、職業、来店動機や担当者も表示されます。

例えば、この絞り込み分析をすることによって誕生日の近いお客様にクーポン付きのバースデーカードなど売り上げにつながるアフターフォローをすることができます。
その他にも売上UPにつながる色々な対策を検討する指針になります。

経営する美容室の売上を順調に伸ばしていくために欠かせない分析方法ですよね。

顧客をしっかりフォロー!リピート率分析

サロンディレクターズプロでは、顧客のリピート率分析もできますので、経営する美容室の顧客をしっかりとフォローすることができます。

美容室のすべての顧客の中から期間を指定したうえで、担当スタッフ別、施術別などで再来店のないお客様などを特定できますので、再度、来店してもらうためのフォローを行うことができます。

リピート率分析をして、再来店のないお客様を固定客になってもらうための対策を行えば、経営する美容室の売上UPにつながっていきます。

また、来店頻度の高いお客様もリピート率分析をすれば抽出できますので、抽出した良客に継続してアピールすることで経営する美容室の売上UPにつなげていくことができます。

お客様の来店サイクルを知りたい時に!来店サイクル分析

さらに、サロンディレクターズプロでは、お客様の来店サイクルも分析することができます。
例えば、来店サイクルが60日から90日のお客様を抽出したい場合は、日数を入力することでその条件に当てはまるお客様を抽出することができます。

来店サイクルを把握できれば、お客様の来店サイクルに合わせてアピールすることができますので、経営する美容室の売上UPがはかれます。

支払い額が多い良客がわかる!RFM分析

RFM分析というのは、R(Recency)最終来店日、F(Frequency)来店頻度、M(Monetary)平均支払額の3つの軸でお客様を分析する経営分析の方法です。

このRFM分析を活用すれば、自分が経営する美容室の一番の良客を抽出することができますので、その情報を活用して良客にアプローチしていけば、順調に売上UPをはかることが可能になります。

どのランクのお客様が売上の何%を占めているかわかる!デシル分析

デシル分析というのは、すべてのお客様を10等分にしてそこから有用な情報を抽出する経営分析の方法です。

サロンディレクターズプロでこのデシル分析を行うと、経営する美容室の顧客の支払金額を金額順で10等分し、絞り込めますので、どのランクの顧客が、自分が経営する美容室の売上のどれくらいをしめているのかを分析することができます。

様々な集計項目を組み合わせお客様を絞り込む!集計分析

サロンディレクターズプロでできる経営分析のひとつに集計分析があります。
集計分析は美容室の経営者が知りたいお客様を期間や施術種類など様々な集計項目を指定することで一気に絞り込むことができる分析方法です。

例えばここ3か月でトリートメントを施術されたお客様を一気に絞り込むこともできますので、その結果から次にお客様が来店されたときに売上UPにつながるようなアプローチをすることが可能になります。

サロンディレクターズプロの導入費用はどれくらい?


出典:pixabay

「サロンディレクターズプロを導入すれば、効率的に経営する美容室の経営分析ができそうだけど、導入費用はどれくらいなのか気になる・・・」

という方のために、美容室用の顧客管理システムであるサロンディレクターズプロの導入費用をご紹介させて頂きます。

サロンディレクターズプロのタッチパネル&POSセットは、3年間のサポート付きで580000円となっています。
サロンディレクターズプロのソフトウエアは、初年度サポート付きで148000円です。
オプションのレシートプリンター用の感熱ロールペーパーが20巻で4300円、50巻で9000円となっています。

さらに、上記の費用プラス500円から1200円の送料がかかります。

まとめ


出典:pixabay

美容室の経営者が経営する美容室の売上を順調に伸ばしていくためには経営分析をすることは必須です。
ただし、多忙な美容室の経営者は経営分析だけにたくさんの時間をさくわけにはいきませんよね。

そんなときは、上記でご紹介致しました美容室用の顧客管理システムであるサロンディレクターズプロを導入し活用してみてください。

そうすれば、美容室の売上UPに役立つ様々な分析を短時間で行うことができるようになりますので、効率的に経営分析ができ、経営する美容室の売上を着実に伸ばしていけるようになりますよ!


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、
  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談
などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加
たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる? 適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。
スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です