ピンクカラーの髪色が色落ちしやすい理由と対策を紹介!


こんにちは!流行りのピンクカラーで髪を染めたときの悩みありますよね。それは色落ちではないでしょうか?ここからはピンクカラーの髪色が色落ちしやすい理由と対策を紹介していきますね。

スポンサーリンク

ピンクカラーのカラーの髪色が色落ちしやすい理由

出典:https://www.flickr.com/

最近ピンクカラーが流行っていますよね。でもせっかくピンクカラーで染めたのに色落ちしやすいですよね。ピンクカラーの髪型はなぜ色落ちしやすいのでしょうか?ピンクカラーが色落ちしやすい理由として日本人の髪は色が入りにくい性質をしています。日本人髪には赤褐色のユウメラニンが含まれています。色を入れたかったらユウメラニンを破壊してから色を入れる必要がありますが、ピンクカラーの場合は多くのユウメラニンを破壊しなければならないです。

またピンクカラーで染める場合には髪の表面部分までしか染まりにくいためにすぐ色落ちしてしまうということが起こってしまいます。

ピンクカラーを長持ちするためには

出典:https://www.flickr.com/

でもせっかく入れたピンクカラーですから長持ちさせたいですよね。ピンクカラーを長持ちさせるための方法を紹介していきます。

髪を乾かそう

髪の表面にはキューティクルが含まれておりキューティクルは熱に弱く濡れると破壊される性質をもっています。そのため髪を乾かさなかったりするとピンクカラーが落ちてしまいます。

ピンクカラーを長持ちさせるためにはお風呂上りにドライアーで髪を乾かす際に一か所にドライアーの風が当たり過ぎないようにしましょう。またドライアーから10㎝離してからドライアーをかけるようにしましょう。

熱すぎないお湯で髪を洗おう

お湯も熱すぎない38℃で髪を洗いましょう。またカラー専用のシャンプーやトリートメントを使うこともおすすめです。カラー専用のシャンプーは洗浄力が弱いため髪への刺激が弱まります。

髪をゴシゴシ拭かない

髪を洗った後ゴシゴシと強く拭かないことも大事になってきます。髪を強く拭きすぎてしまうと髪への負担が大きくなり色落ちを招きやすくなってしまいます。髪を拭くときは優しく拭きましょう。

アイロンの温度は低めに設定しよう

高熱のアイロンを使うことは髪へのダメージが強まってしまうことになり褐色を招いてしまいます。カールアイロンに場合は130℃、ストレートアイロンの場合は170℃以下に設定しましょう。

ピンクカラーは紫外線に弱い!紫外線対策

ピンクカラーのような明るい色は紫外線対策をしなければなりません。強い紫外線を浴びると髪にダメージを与えることとなり色落ちに原因となってしまいます。特に夏の時期は紫外線が強いので褐色しやすくなります。

まとめ

ピンクカラーは色落ちしやすいのが特徴です。ピンクカラーはカラー専用のシャンプーで髪を洗うことがおすすめです。とにかく大事なことは髪にダメージを与え過ぎないことです。ピンクカラーで染める時点がかなりのダメージが髪にかかっていることを忘れないでくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、
  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談
などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加
たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる? 適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。
スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です