美容室の経営者必見!2店舗目を出店する前に抑えておきたいポイント


現在、1店舗目の美容室の経営がうまくいっている経営者で2店舗目の出店を計画されていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

ただし、1店舗目の美容室の経営が順調だからと言って、2店舗目を出店し経営しても同じようにうまくいくかどうかはわかりません。

どうせ、2店舗目の美容室を出店し経営するのであれば、1店舗目の美容室と同じように売り上げを伸ばして経営を再び成功させたいと美容室の経営者であれば誰しも思いますよね。

そんな2店舗目の美容室を出店し経営しようと計画している美容室経営者の方のために、ここでは、2店舗目の美容室を出店する前に美容室経営者が抑えておきたいポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

「2店舗目の美容室も1店舗目同様経営を成功させるためのヒントを知りたい!」

と思っている美容室経営者の方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

2店舗目の美容室を出店するベストなタイミングとは?


出典:写真AC

2店舗目の美容室を出店して経営するベストなタイミングはいつなのでしょうか?

もし、2店舗目の美容室出店するのであれば、現在経営している1店舗目の美容室の経営がうまくいっており、毎月確実に利益を生み出しているうえに既存顧客も定着しており、新規顧客も順調に獲得できている状態である必要があります。

また、あなたが経営している美容室にたくさんのあなたの美容室の経営方針を理解している技術力の高い施術スタッフがいるということも2店舗目の美容室を出店させる条件であると言えるでしょう。

さらに、美容室の資金面も2店舗目を展開するのに十分な金額を保有しており、経理面もきちんとバックアップしてくれるスタッフがいることも、これから2店舗目の美容室を出店し経営していくうえで必要な条件となります。

Twitterで2店舗目の美容室出店に必要な知識が学べるオンラインサロンを紹介しているツイートを見つけました。
ご興味のある美容室経営者の方は、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

2店舗目の美容室のコンセプトと開業場所選びは重要!


出典:写真AC

これから2店舗目の美容室を出店しようと計画されている経営者にとって2店舗目の美容室のコンセプト選びは
とても重要です。

1店舗目の美容室の成功したコンセプトを引き続き使うよりも、新しいコンセプトの美容室を展開するのはかなりリスキーなチャレンジです。
新しいコンセプトで2店舗目を出店しても決して成功しないとは言えないのですが、1店舗目の経験則が活かせないゼロからのスタートとなりますので1店舗目のように必ず成功するとは限りません。

コンセプト選びも重要ですが、2店舗目の美容室を出店し経営していくのであれば出店する場所選びもかなり重要なポイントです。
2店舗出店時のリスクを回避したいのであれば、やはり現在経営している1店舗目の周辺地域に開業すべきでしょう。
そうすれば、集客に苦労することもないでしょうし、コンセプトも同じであれば、既存客やファンはすでにそのコンセプトを受け入れていますので安定して客足が伸び、経営を成功させる可能性がUPするでしょう。

2店舗目もうまく経営していくには緻密な計画が必要


出典:写真AC

1店舗目の美容室の経営はあなたが1店舗につきっきりで対応することができますが、2店舗目の美容室を出店し経営していくということは、片方リーダーシップのあるスタッフにお店を引っ張ってもらわなくてはいけません。
つまり、2店舗目を出店するのであれば、あなたの美容室のスタッフをあなたなしで1つの店舗を引っ張っていけるような力のあるスタッフに育てていく必要があります。

もちろん、2店舗目を出すにはそれなりの資金調達ができなければ難しいので、美容室の経営や資金調達の相談できる会計のプロをパートナーにすると2店舗目の美容室の経営がスムーズにはこぶでしょう。

1店舗目ばかりにつきっきりになっているうちに2店舗目の経営に目が行き届かず経営が失敗してしまわないように2店舗目の美容室を展開する前には、きちんと無理なく経営していけるよう綿密な計画を立てることをおすすめします。

お客様とずっと密に接したいなら2店舗目の出店は見送った方がベター


出典:写真AC

美容室を経営されている経営者の中には、お客様とずっと密に接したいと願っている方も多いかと思います。

2店舗目の美容室を経営するということは、施術スタッフとしての時間を減らしていき、経営に力を注いでいかなくてはいけなくなるので、ずっとお客様と密に接していたいと希望するのであれば、2店舗目の美容室を経営するのは見送った方がベターでしょう。

まとめ


出典:写真AC

あなたがこれから2店舗目の美容室を出店し計画するのであれば、1店舗のみ経営しているときのように施術スタッフとして振舞っていると2店舗目の成功は難しくなります。

これから美容室を多店舗経営していくのであれば、施術スタッフとしてではなく、経営する美容室が成功するように時代の先を常に読み、美容室の経営が失敗しないように経営者として店舗を管理していかなくてはいけません。

さらに、雇用している施術スタッフや、美容室の経営や資金調達の相談できる会計のプロのパートナーとも上手にコミュニケーションをはかっていきましょう。

そうすることにより、1店舗目はもちろん、2店舗目の美容室の経営も成功させることができるでしょう。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、
  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談
などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加
たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる? 適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。
スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です