美容師独立して面貸しは難しい?マッチングサービスがある?


こんにちは!今、面貸し美容師が増えているのをご存知ですか?美容師が独立した際の選択肢として上がる面貸しについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

美容師が独立したら1度は耳にする面貸しとは?

出典:https://www.flickr.com/

「面貸し儲かるらしいよ」とか「先輩面貸ししてから生活が楽になったって言っていた」など美容師の方は1度は「面貸し」という言葉を聞いたことがあると思います。

美容師として独立すると個人事業主になります。個人事業主には働き方として様々な面がありますが、その中のひとつに面貸しというシステムがあります。

面貸しとは、美容室やサロンの一部を借り、自分でお客さんを呼んできてカットなどを行うシステムのことです。その際は美容室、サロンと業務委託契約を結びます。

業務委託契約とは個人事業主であるフリーランス美容師と美容室側が1対1で取引をおこなう事をいいます。今までサロンに勤めていた人は対等な立場ということに違和感を覚えるかもしれません。

面貸しはどんな人が行うの?

面貸しは基本的には短期の人が行う場合が多く,独立したけれど生活費がない方、独立資金を貯めたい方などが行うことが多いです。

アメリカのような個人主義の国ではすでに一般的になっており、日本でも個人主義の傾向が強まっていることからこれから面貸しは増えていくでしょう。現に面貸し専用の美容室が開業するなどジワジワと広がりを見せています。

面貸しのメリット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:https://www.flickr.com/

これから面貸しが増えていくと記載しましたがなぜ面貸しが増えていくのでしょうか?面貸しのメリットを美容師、お客さん、美容室の立場から紹介していきます。メリットを見れば面貸しが増えていく理由も納得できるかもしれません。

美容師のメリット

面貸しにおける美容師側のメリットを紹介します。

金銭面でのメリットが大きい

面貸し美容師のメリットは何といっても美容室に勤務していた時代のように引かれることが少ないので稼いだら稼いだだけ自分の手元にお金が入ることになります。お金の面で苦労してきた美容師にとってはそれが大きなメリットになるでしょう。

また面貸しは開業費用が不要です。独立して開業すると1000万円程かかってしまいますが、この費用がなくなるのはとてつもないメリットでしょう。

自由な時間を使うことができる

面貸し美容師になるとシフト制ではないので自分の好きなスケジュールを決めてそれに沿ってお仕事することができます。サロンで働いていると美容師は朝から晩まで拘束されます。正直そのようなスタイルは無駄も多いです。面貸しになればサロンと業務委託契約を結んでスペースを借り自分のお客さんを呼んでくるだけで済みます。なのでスケジュールに余裕ができます。スケジュールに余裕ができれば生活に少しゆとりができます。

面貸しは結婚、出産後に仕事をしたい女性の方にもおすすめです。

就業規則などに縛られない

面貸し美容師になると美容室と業務委託契約を結びますので、就業規則などに縛られません。就業規則というものは意外とやっかいなものです。雇われ美容師として働いていて問題が起こった場合には就業規則に書いてあるか否かが争点となりやすいです。いくらモラルのない行為を美容室側がしてきたとしても就業規則が認めていればそれに従うしかありませんでした。

就業規則に縛られないということは副業もOKであり、他のサロンと業務委託契約を結ぶこともできるので稼ぎの幅を広げることができます。何時から何時まで出勤と言う風に美容室側から拘束される必要もありません。

自分の能力次第でいくらでも集客できる

現代社会はSNSやYoutubeで自分の実力をいくらでもアピールすることができます。アピールが上手ければ「髪をカットしてほしい!」と応募してくる人もいるかもしれません。

お客さんのメリット

美容室でカラー&カットを行うとなると、シャンプー、カラー、カットで担当が違います。担当ごとにイメージを細かく伝えるのも面倒ですし、気を遣ってしまいますよね。その結果、担当者ごとで完成イメージが違うものになってしまう可能性がありますが、面貸し美容師さんはすべての施術をしてくれるので完成イメージが大きく崩れてしまうことが少なくなります。

美容室側のメリット

面貸しを行う美容師側のメリットは、面貸しを行う美容師は独立した美容師なので経験が豊富で業界に精通しているために教育をする必要がなく、お店特有の注意点を伝えてもすぐ理解してくれます。

また空いているスペースを美容師に貸してあげることで経費が無駄になるのを防ぐことができます。

面貸しのデメリット

出典:https://www.flickr.com/

一見よさそうに見える面貸しですが、もちろんデメリットもあります。

フリーランスとしての安定しない立場

独立するということは安定を捨てるということですので、毎日落ち着かない日々を過ごすことになります。お客さんがいないと自分の収入、生活に影響します。ただ雇われないで生きていくことができれば相当な自信になりますのでよいのではないでしょうか。

面貸しをする美容室に業務委託契約の知識がない

面貸しをする美容室側に業務委託契約についての知識がない場合があります。サロン側が源泉徴収分を事前に引いておくことはほとんどなく、業務委託契約の場合には確定申告の際にその年の税金をまとめて支払う必要があります。事前に源泉徴収分を引いておいてほしいということをサロン側に申告しましょう。

独立した美容師が面貸しをするとどれくらいの給料がもらえる?

出典:https://www.flickr.com/

それでは面貸しを検討する美容師はどのくらいの給料を貰えるのでしょうか?面貸し美容師がどれくらい給料を貰えるかどうかは業務委託契約の内容によって変わってきます。

時間制・月額料金

借りる時間や月額料金をサロン側に支払う契約を結ぶ場合にはかかる費用はそれだけとなりますので、あとは自分でお客さんを連れてきて施術料金を払ってもらった分だけ自分の懐は温まります。サロン側に支払う額は1時間で1500円~2000円が相場です。

歩合制

歩合制の場合は自分の売上に応じて一定の還元率で報酬を受け取る完全歩合制があります。歩合制の場合は還元率45%~65%が一般的です。還元率については業務委託契約を結ぶ際に美容室側としっかり話し合う必要があります。

月額料金と歩合制はどちらがお得?

月額料金と歩合制はどちらの方がお得なのか気になりますよね。

カットの施術が5000円の場合、1時間1500円のレンタル契約なら3500円が手元に残ります。

還元率65%の場合は3250円が手元に残ります。単純計算ならレンタル契約の方が手元に残る金額は多いですが、独立してお店をもつことを考えている人はもっと料金を上げたらどうなるかな?とか金額を下げたなら多くのお客さんが来てくれるから時間制より歩合制の方がお得かもしれないなど、自分でさまざまなシュミレーションをしてみて自分、お客さん、美容室の3者が最も得をする値段を計算して考えなければなりません。

独立した美容師の税金はどうなるの?

面貸し美容師として働く場合は個人事業主となりますので開業届を出す必要があります。

社会保険に加入しなければならない

面貸し美容師の場合は社会保険に加入しなければなりません。社会保険は金銭的負担になります。

確定申告を行う必要がある

個人事業主は確定申告を行う必要があります。確定申告はお仕事をした翌年の2月16日~3月15日までとなります。

売上によっては消費税を払う

面貸し美容師は前々年度の売上が1000万円を超えると消費税を支払う義務があります。消費税は売上に含まれる消費税から経費に含まれる消費税を引いた額が支払うべき消費税の額になります。消費税を支払わないと脱税となりますので気をつけましょう。

面貸し美容師のためのマッチングサービスが登場している

出典:http://thebridge.jp/2016/06/air-salon

面貸し美容師が増えつつある現在では面貸し美容師と美容室を結ぶマッチングサービスが登場しています。

AIR SALON」はそのようなサービスです。面貸しを希望する美容師は自分が施術をしたいエリアから美容室を選択、施術をしたい日時を入力するだけで面貸しする美容室を決定することができる画期的なサービスです。

美容師が店舗をもって独立するとなると借金しなければならないパターンがほとんどです。借金の額も1000万円以上はかかってしまいます。このような金銭的負担から独立を躊躇する人もいるかもしれませんし、廃業してしまったら保証人になってもらった人など多くの人に迷惑がかかってしまいます。ただこのまま雇われ美容師のままでは給料は安いままです。

AIR SALON」は面貸し料金を払うだけなので独立への障壁がぐっと下がります。また予約から施術までがオンライン上で完結してしまうので美容師のリピート率が高く、空いた時間で更なる技術向上などを行うことができます。

面貸し美容師専用の美容室も!

AIR SALON」の運営企業が面貸し美容師専用の美容室「H+」を東京都原宿にオープンしました。月11万円で使い放題・諸経費以外は売上100%還元のサロンです。

「H+」についてはこちらの記事でCEOのインタビューが読めますので是非一度ご拝読くださいませ。

まとめ

ここまで面貸し美容師のメリット、デメリットや面貸し美容師のためにマッチングサービスなどについて紹介してきました。10年前は面貸し美容師という言葉はほとんど聞くことがなかったと思います。しかしインターネット業界が急激な勢いで発展していき、会社に雇われない働き方が普及するとともに美容業界にも波及してきて面貸し美容師が徐々に普及してきました。

今後インターネットの発達によって個人間の関係がより近くなると、個人で仕事を取ってくることが簡単になる時代になり、面貸し美容師がどんどん増えていくことが予想されます。

面貸し美容師の発展が今後の美容業界の待遇改善になることを祈って…最後までお読みいただきありがとうございました。

KAMIUでは面貸し美容師の相談も承っております。
こちらのLINE@までお気軽にご相談くださいませ


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です