【美容師必見】サロンモデル・カットモデルの探し方・獲得テクニック

参考になりましたらシェアお願いします!

美容室の広告のためにイメージに合ったモデルが欲しい中で、カットモデルの獲得が大変と嘆く美容師が多いようです。カットモデルを探すのも美容師の仕事なのですが、今回モデル獲得のテクニック法を紹介します。

スポンサーリンク

美容師がカットモデルを探すのは大変なの?

道で声をかけて無料でカットしてもらえると聞くと、簡単に人が集まりそうですが、実際は多くの方が素通りしてしまいます。

実際に美容師が大変と嘆く作業はカットモデル探し

実際に道に立ち、声を変えても少し話を聞いてくれる子に出会うためには30分〜1時間はかけないといけないのです。大半の方に素通りされ、カットモデル探しの作業を大変と答える美容師は8割を超えます。確かに中には面白半分で興味を示す方もいますが、広告に使いたいモデルとなるとある程度理想はあります。狙いを定める分どうしても理想のモデルさんをゲットすることは困難なのです。

美容師必見!カットモデルを見つけるテクニック5選

しかしその時間にモデルを見つけることが仕事の美容師は、「今日もダメでした」で済まされるわけではありません。ベテランの美容師は本業で忙しい中、お店の売り上げのためにも仕上がりのいい広告を作るために働かなくてはいけないので、いかにしてうまく理想のモデルを連れ帰ることを考えなくてはいけません。

テクニック①無料のワードで気をひく

カットモデルの特権として料金がかからないということは魅力です。美容室に通い慣れている方の中でも、特にお店そのものにこだわりがあるわけではないという方も多くいます。無料の言葉は相手に失礼と考えるのではなく、武器として声を大にして声をかけましょう。

テクニック②美容室に通っているけどしばらく行けていない人

美容師なら見極めもできると思います。しばらく美容室に行っていないな…そう感じたらすかさず声をかけましょう。一時的に少し美容にかけるお金が無くなった方は特に食いついてきます。

テクニック③特別感を強調する

人は特別間を感じることで興味を抱き、心を開きます。誰でもいいんでしょ!というイメージを感じさせると少し興味はあるという方も逃してしまいます。あなただからお願いしたい!この気持ちを伝えることでチャンスが生まれます。

テクニック④ショップ店員は狙い目

服装や雰囲気から職業はある程度予測できます。その中でもショップ定員など見た目を重視する職業の方は、ヘアスタイル以外にも日々お金がかかるもので、何か一つでもお金をかけずにできると素直に嬉しいものです。ショップ定員のように自分の見た目にこだわりを持つ方ならモデルとしても最適です。

テクニック⑤学生も実は狙い目

学生も毎日学校で異性と過ごすことが多いので見た目を気にしています。しかし学生です。学業が本業であり、お金に余裕はありません。それでも見た目を着飾りたい気持ちは高く、カットモデルを経験したことがあるという学生も多いのです。お金に余裕はないけど綺麗にしていたいという学生も狙い目です。

的を絞って声を変えることで美容師の大変なカットモデル探しも上手くなる!

カットモデル探しも仕事の一つですが、声をかけて素通りされればされるだけ、モチベーションは下がります。そこでしっかり需要と供給を考え求めている方に的を絞り、その中でも理想のモデルを探しましょう。

また何か分からないことがあれば、KAMIUは経営支援のLINE@をやっております。
LINE@
↑こちらのLINE@まで気軽にご相談くださいませ。

さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

参考になりましたらシェアお願いします!

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください