美容師独立後の閉店の平均年数!失敗や不安、悩みの中でも気になる閉店年数

美容師の独立の際に抱える不安、失敗してしまった時の「閉店年数」について考えておきましょう。

スポンサーリンク

美容師独立後の悲惨な閉店年数

独立を考えるとき出来ることなら軌道にのせて成功させたいと考えますが、あまりにも廃業する数の深刻さから閉店年数への不安を抱きます。

美容室の生存率

独立を考える方が多い業界としても美容室は毎年数を伸ばします。しかし美容室の生存率という言葉もある中で成功して軌道にのせられる数は少ないのが現状です。数字で見ていくと美容師が独立を果たし10年以上経営を続けられる確率は6.3%と10%に満たないと現状があります。

美容師独立後の閉店年数は平均は?

初めのうちは独立するための保障なども受けられることから約5年は美容室を経営していけると考えられています。しかし金銭面的にも援助が受けられ期間であっても1年以内に店を閉じる割合は60パーセントと言われています。保証を受けながらも半数近くの美容室はお店を閉じているのです。さらに3年もって閉店している割合になるとさらに90%という数字が出ます。この時点で10人の美容師が独立しても9人はお店を閉じてしまっているのです。開業する数も多い中であまり悲惨さが目に見えない業界ですが、閉店年数に悩みを抱える美容師は目を背けるわけにはいかない現状があります。

20年以上経営できる美容室は0.3%しかない

独立を考えるときに明るい未来を想像します。働ける間は自分の開業した美容室で働き続ける自分を想像し、年数を重ねることで従業員が増え、美容室を拡大することもに夢見ます。しかしその未来を20年で想定している方に知っておいて欲しいのが、20年以上経営を続けられる確率は0.3%とほんの一握りであるということです。

美容師独立の先に考えられ失敗を想定しておくことが重要

独立に向けて考えるときに知っておくべく閉店年数の過酷さについてまとめました。数字で見て見ると現状が少し理解できます。独立を考えるときにはどれだけの失敗談があり、対策法が必要なのかをしっかり学び着実に夢に向かうことが重要になります。

また何か分からないことがあれば、KAMIUは経営支援のLINE@をやっております。
LINE@
↑こちらのLINE@まで気軽にご相談くださいませ。


美容師は、もっと自由に働ける。AS Castingは上記よりお申し込み

さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください