【美容師独立】面貸しで稼ぐのは難しい?メリット・デメリットを解説


こんにちは!最近業務委託契約をしている美容室が増えてきています。実際稼ぐことは難しいのでしょうか?今回の記事では美容師が独立する際の面貸しについて解説していきます。

スポンサーリンク

美容師が独立する際に経験する人もいる面貸しとは?

出典:https://www.flickr.com/

面貸しとは美容師の独立の方法の一つで、美容室やサロンの一部を借りて美容業務を行うことです。「時間あたり何円」「1日何円」といった使用料を払い、美容室やサロン内の使っていない鏡を借りて自分のお客様を呼びそこで美容業務を行います。

どんな人が面貸しをするのか

面貸しは独立した美容師で充分な開業資金がない、経営の経験がなくて不安な人が行います。独立の際に最も大きな障壁となる金銭の負担が大きく減りますので面貸しをする人は増えてきています。実際に開業する場合の予行準備になります。面貸しを希望する人が増えているので面貸しをする美容室も増えています。

面貸しは業務委託契約

面貸しは面貸しをする美容室と面貸しを希望する美容師の間で業務委託契約を行うことで成立します。業務委託契約とは1対1で契約を結ぶことです。業務委託契約をする際には「個人事業主」として開業届を税務署に提出、書面で美容室と契約に同意する必要があります。

美容師独立面貸しのメリット

出典:https://www.flickr.com/

美容室を退職して実際に開業させるまでには内装工事があって少なくても6ヶ月は必要です。その間は仕事がないのでフリーランスとして働くことになりますが、面貸しをすることによって美容業務を行うことができますので収入面でプラスになります。

スケジュールを拘束されない

面貸しをしている間はスケジュールを拘束されることもありませんので気持ちにゆとりがでてきます。かつてサロンで働いていて結婚、出産を機に一度美容師から退いた方も店舗に就職して働く必要がないので負担が大きく減ります。

頑張れば頑張っただけ収入につながる

面貸しで稼ぐことは難しくありません。面貸しは美容室で働いていたときのように給料体系ではありません。なのであなたが働いたら働いた分の給料がもらえます。面貸しを考えている美容師は開業への資金面の不安から面貸しを希望することと思いますが、ここで頑張れば資金をためることができます。

ストレスが減る

美容室で働いていたときは業務中いろいろ理不尽なことがあり本当にストレスがたまっていたことと思いますが、面貸しは業務委託契約なのでそのような煩わしさから解放されあなたが本当に必要な業務に集中することができます。

切磋琢磨できる

資金面以外で不安がない美容師が面貸しとして美容室に入店すると多少注目を集めます。独立志向の強い若い美容師の人がアドバイスを求めてきたりします。なので切磋琢磨できます。

面貸ししている美容室のメリット

面貸しをしている美容師にもメリットはあります。美容室内の空いたスペースが無駄だと感じた場合には面貸しをすることで収入になり、経費削減になります。独立を考えている意識が高く実力のある美容師が来ますので教育をする必要がありません。

美容師独立面貸しのデメリット・注意点

出典:https://www.flickr.com/

面貸しにもデメリットがあります。注意点も含めて解説していきます。

誰も助けてくれない

独立は言葉通り、ひとり立つことです。雇われ時代は出勤して仕事をすれば給料は振り込まれ生活の保障がありましたが、独立すると自分で仕事をとってこないといけません。誰もあなたを助けてくれないのでここが大きな違いといえます。

自分で税金管理しなくてはならない

面貸しする際には自分で所得税などを税務署に申告し税金管理しなければなりません。サロンで働いていたときは経理担当の方がやってくれていましたがそのありがたさを知ることになります。確定申告しないと脱税となります。ただここで経営感覚が身に付きますのでよい面もあります。

業務委託への知識をつける必要がある

面貸しを希望する場合には業務委託契約への知識をしっかり身に着ける必要があります。雇われ美容師の時代と個人事業主では立場が違います。また業務委託契約を結ぶ美容室のオーナーは業務委託契約への知識が不十分なのであなた自身がしっかりとした情報を身に着ける必要があります。

社会保険への加入の必要性

業務委託契約を結んでいるのでサロンの従業員ではありません。なので自分で社会保険を全額を支払わないといけません。

独立志向が弱まる

面貸し美容師として活動し、軌道に乗ってくればすごく稼ぐことができます。美容室で働いていたときに比べれば信じられない額のお金が入ってくる人もいます。これまでサロンで薄給で苦労していた人は今までの苦労が報われたと感じる人もいるでしょう。頭がいい人だと「開業を考えているけど、開業には工事などで多額のお金が必要だ、実際箱を作ってもお客様が来てくれる保証もない、だったら面貸しのままでいいんじゃないか?」と考え開業思考が薄まる人もいます。実際開業するのもリスクがありますし、開業がすべてではないので無理に開業にこだわらずじっくり考えてみることもよいかもしれません。

美容師独立面貸しの給料体系

出典:https://www.flickr.com/

面貸しは売上に応じて一定の還元率で報酬を受け取る歩合制と時間、月額いくらで美容室に一定の金額を支払いスペースをレンタルする方法があります。

歩合制の還元率

面貸しの還元率は60~70%が多いようです。還元率80%と高いところもあります。立地がよい場所、見込み顧客が来店できる距離を甘味した上で高い還元率の美容室を探しましょう。

まとめ

ここまで美容師として独立する人が面貸しをする際のメリット、デメリット、注意点を紹介していきました。面貸しの世界は完全実力社会、あなたの技術力、集客力などが総合的に貯めえされています。開業を考えている方はシュミレーションとしてチャレンジしてみるのもよいですね。最後までお読みいただきありがとうございました。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談


などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる?
適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です