【まとめ】美容室独立&経営準備の過程と勉強法


美容室の独立が増えることで美容室の経営は意外とできるのではないか?そんな安易な考えを抱きます。
美容室を経営する方が多いのは事実です。しかし1つの経営です。成功するかとどうかに違いが出てきます。少しでも美容室の経営に興味のある方は実際に必要な準備から流れ、そして経営するなら是非取り入れてほしい勉強法をまとめます。

スポンサーリンク

美容室を経営するためにかかる準備期間

美容室を経営する際にまずはじめに準備してほしいのは資格です。資格といっても美容師免許なので、経営側にも周り美容室を独立させる方の大半はすでに取得している方が多いでしょう。

当たり前のことですが、美容師経営に準備する中で必要なものは資格です。経営する側になることになり、美容師の免許は持っていないもいう方も美容師免許は養成施設で勉強することで取得することもできます。経営を行う際には順序が必要であり、まずは必要な資格を取っておくようにしましょう。

資格取得は難しい?

いざ美容室経営しようと準備に入る手前で資格問題が出てくるとそこで足踏みしてしまう方もいます。資格の取得とは1.2日でできるものではないですからね。美容室開業が先送りになった気分になるとやる気も続きません。

ですが、美容室経営のためには必要な資格ですのだ取得しない限りは経営することはできません。美容師の資格取得は美容師の専門学校に行っていなくても最終学歴が高校でも中学でも入学できる養成施設があります。

全くの無知だからと諦める前に入学に対する規則もあまりない養成施設に望みをかけるのもいいことです。養成施設では仕事をしながら合間に勉強ができるように通信過程を受けることもできるので、今の生活からガラッと学生になるというわけでもありません。

通信制度があるので、やる気さえ持てれば今の生活の中で美容師免許を取得することができるのです。ただし、通信過程の場合は資格取得まで約3年程度かかります。がっつり集中できないのでこの期間は仕方ないでしょう。

せっかくの3年間を無駄にしないためにもと美容室開業の後押しにもなる3年になるのではないでしょうか。

店舗内に2名以上の従業員が在籍する際には管理美容師免許も必要

美容師免許を取得したらゴーサイン!と言えばいいのですが、美容師免許だけでなく、店舗内に2名以上の従業員が在籍する際、その予定であるという場合には管理美容師免許の取得も必要になります。

従業員を雇うための資格になるのですが、管理美容師免許は美容師免許を要し、実技経験のある方が3日程度の講習を受けることで取得できます。管理美容師免許に関してはあまり時間は必要ないので安心できますね。

美容室開業に必要な資金と流れ

資格取得に時間がかかりそうな時は時間を見ながら並行して行える作業を進めていくといいです。そこで必ず必要になるのが資金。環境やこだわりから変動しますが、美容室開業にあたって必要になる資金は約600万円と言われています。

美容室として開業する空間のリフォーム代や家賃、必要な機材の設備代に材料費や細かい備品代、そしてはじめは集客予算と多めに必要になるので広告宣伝費などが費用としてかかってきます。

開業までに動くお金の額は決して安いものではありません。高額なお金だからこそ少し少額の流れを見落としがちになりますが、1つ1つのお金の流れをしっかり把握し、無駄を省くための資金計画もはじめに始めておきましょう。

美容室開業までに必要な手続き

工事や荷物の設置も終わり、そろそろ本格的にオープン準備を始めるときにもまだ全ての必要な準備は終えていません。美容室は不特定多数のお客さんが出入ります。そこで保健所の検査が入ります。

保健所の検査は衛生面だけでなく、必要な資格を取得しているかという点まで確認します。事業計画書に関しても目を通す検査官もいます。今までの準備がここで振り出しに戻るなんてことにならないように、1つ1つの準備を丁寧に行っておきましょう。

美容室経営の勉強に「本」を読む習慣を身につけよう

最後になりますが、どんな知識を身につけるためにも「本」はオススメです。本を開いたときに今ではどれだけ読めない感じが増えているだろうと不安を感じる私ですが、同じように感じる方もいると思います。

本を読むことはもちろん、新聞を読む時間が1日の中に全くないという方も多いですよね。字を見る、自分で読む習慣がなくなることで出てくる影響は予想以上に大きいものです。

クイズ番組で正しい送り仮名と2択の問題でも、自信を持って答えることができない時もあります。反対に本や新聞を読む習慣が身についている方から出てくる言葉には少し尊敬さえ抱く気持ちになりながら耳を傾けます。

知らない言葉を饒舌に並べている人の言葉には理解できなくても説得力を感じさせます。そのような方の大半は達筆なんですよね。このように極端な例を挙げましたが、あなたは周りに与えるイメージはどこを目指しますか?

経営者という上に立つ立場を目指すのであれば、やはり言葉を知り、使える人になりたいと思いますよね。

「美容業以外の経営関連書籍を最低20冊以上読む」
地域一番美容院・開業、経営のすべて」という書籍を出版しているやまうちが、「美容業界以外の書籍を読んで下さい」と言うのも変ですが実は、これこそが独立開業を成功へ導くとても重要なポイントなのです。
その理由は、多くの独立開業者に共通する「ガチガチの美容師頭」から「経営者頭」に切り替えていただくためです。

引用:こんなこと誰も教えてくれない失敗しない独立開業レポート

美容室の経営者であるということは対お客さんを相手にする職種の経営者になるということです。美容師としての勘も大事ですが、経営者を目指し上を目指すのであれば市場や消費者に目を向けた経営を目指さないといけません。

ルールや教科書がない中でも上手に経営していくためには幅広い思考を持つことです。美容業界という枠の中で見つけられる方法だけだなく、全く違う環境からヒントをもらうから面白い発想が出てくるんです。

美容師経営は準備も勉強もいかに楽しめるかが成功のポイント!

美容室の経営者として前に進むあなたに、上手な経営だけでなく面白い発想を持ち続けて欲しいと思います。これから開業する美容室はどんな方法を取り入れても自由です。それが経営者の特権ですから…

それなら他にないサービス、他に勝る接客力、常に向上し続ける気持ちの中で発展させていって欲しいと思います。

何か分からないことがあれば、KAMIUは経営支援のLINE@をやっております。
LINE@
↑こちらのLINE@まで気軽にご相談くださいませ。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、
  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談
などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加
たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる? 適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。
スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です