【保存版】美容室経営において必須の「広告」。美容室の広告運用のコツとは?


美容室経営でつまづく原因はやはり計画性が完全でなかったというところにあります。スタートの環境はどの美容室でも必ず異なりますが、どのように成功へ持っていけるかという点では共通点があり、それは念入りな計画にあります。

もちろん全てを完璧に計画できているという経営者はごくわずかですが、そうした方も打開策はある程度身につけ、開業に向け計画を立て経営者として美容室を守っています。

今経営している方たちも同じように何が起こった時の対策というのはある程度考えていると思いますが、その対策法も効果があるのかどうか、経営の立て直しに有効なのかというのは実際その状況に置かれて初めて結果を知ります。

中でも美容室を運営する中での広告に関しては少し見落としがちというのも考えられる経営難に陥る原因なのですが、今経営している方の中でどれだけ広告の必要性を考えているかというと半々というのが事実です。

実は美容室経営の中で重要にもなる広告のコツを知らない方は多いのではないでしょうか。経営難に陥る前にも、経営が苦しくなった時でも打開策として取り入れてほしい広告のコツを紹介します。

スポンサーリンク

美容室経営の中で集客・人材確保のための広告予算を削るのは経営難に陥る原因

実際に広告の効果をあまり期待しない経営者が多いのは、それだけの効果しか実感していないからです。しかしこの時感じる「これだけのための広告費」というのは感じる人により差が現れます。

広告を打ち、それなりに費用をかけて本当にその効果で来店してくれたのかという明確な数字を出すことは確かに難しいところです。よく効果の有無を確認するためのアンケートも全ての方が回答してくれるわけではないですからね。

しかし広告の効果を侮ってはいけません。今ではコンビニ以上に立ち並ぶと言われる美容室です。他の店舗との違いを発信し、1人でも多くの新規顧客獲得にどの美容室もそれなりの対策を取り入れています。

口コミの効果にも限界はあり、身内からの紹介にもいつかは限界がきます。そこで取り入れるべきは広告以外にどのような方法があるのでしょうか?大型美容室も取り入れる広告からの集客は、いわば美容業界では必要不可欠な集客法です。

そしてこの時代だからこそ、広告の効果は高まっています。友人からの紹介も多い中でも、美容室を利用するのはやはり女性の方が多く、自分にあった美容室を探しこだわります。

その時口コミ以上に、自分に入って来る情報から美容室を選びます。その効果の有無に関しては続けないと分からないものです。広告の効果を早めに判断するのは、まさに自ら集客数を減らす原因になっているということをはじめに考えておくべきなのです。

美容室はどれだけの集客数を確保するか

美容室の経営の中で集客数は売り上げに直接影響します。こうした仕組みを知りながらも売り上げを影響する集客数を上げるための対策を安易に取りやめることがいかに危険かはわかると思います。

確かに広告を出すことは無料でできることではありません。経営が厳しい中で効果があるのかないのか曖昧と感じる方法にお金をかけるなんて…と考える気持ちもよくわかります。

しかし経営難に陥る中で立て直すためには売り上げを少しずつでも上げていかないといけません。美容室を開業する際に借り入れを起こっている美容室は、赤字の月が出たからといって融資を止められることはありません。

赤字の月があってもこの先の見込みを判断します。しかし今まさに赤字の数字が出ている中でこの先立て直しができるのかを判断する中で経営者の考えが伝わらないと融資を取りやめると下させることもあります。

その1つにこの先の集客数は厳しい目で見ています。集客するために動く時期でありながら広告費用0なんて数字を見ると不安になるのは当然です。こんな時に広告費用にお金をかけるのは危険と考えるよりも、経営を続けるために必要不可欠な集客数を安定させるために動く時期と割り切るのも美容室を守るためには必要なんです。

美容室経営にオススメの広告の出し方の3つのコツ

今回紹介するのは美容室経営の中で必要な広告の効果を高めるためのコツです。広告が大事なことは全ての経営者は実は身にしみて分かっていると思います。分かってはいるけれど、この状況では広告費用は廃業の原因になるのでという不安から続けることができないのでしょう。

今までの広告の打ち出しに問題がないか?費用を出すだけの効果を高めるための広告の打ち出しができているかを、今落ち着いて判断して見てください。広告費用を抑えることは経営難に陥ると伝えましたが、しかしお金をかけて打ち出す広告の質が悪ければそれは話が別です。

お金をかけるならばコツを掴み、それだけの効果を得ることが必要です。少し経営が苦しく打開策に悩みがあるという方は広告の出し方を変えてみるといいでしょう。

広告のコツ①チラシはただ打ち出すだけではダメ

チラシは捨てられれば終わり…そんなイメージを抱きます。きっとあなた自身が折込チラシに特に目を通さずにゴミ箱に破棄しているか、しばらく放置して記載されているサービス期間後に目を通すことが多いなどの経験が多いからでしょう。

確かにチラシというのは初めに「またチラシか…」という期待して目にしようと思える広告ではありません。でもその中に10人の中で1人でも「美容室行きたかったんだ…どこだろう?」と思ってくれる人がいないわけではありません。

美容室が増える中でこの美容室と決めている人って意外と少ないという点に着目すると、たまたま目にした美容室に足を運ぶ人も少なくはないのです。100人分の広告を出して100人来てもらえたら、それは願ったり叶ったりですが、そうではないことは分かりますよね。

100人いて1人でもそのチラシから来店してくれたら、間違いなく意味のある広告になります。そのためにもチラシを打ち出す方法はオススメです。

チラシ広告を打ち出すコツ

チラシ広告を打ち出す時に他店との差別化を図るためには、手にした人の目を引くポイントを押さえておくといいでしょう。

【読みたくなるチラシとは?】

  • 10名様限定などの制限があること
  • 12時~16時までなどのように時間にも制限があること
  • 11月22日~11月30日までのように期間限定であること

このように制限をつけることにより、今が1番お得なんだという心理が芽生えます。せっかくならこの時期に行きたいと考えます。実際に他店と比べてという考えよりも、きっとこの時期この店舗に行くのがお得なんだと考えさせることにより集客数を集めましょう。

広告のコツ②ポイントカードにも注意点がある

ポイントカードのある店舗とない店舗だと圧倒的に次の来店率が高まるのはポイントカードのある店舗です。中には1つのスタンプしかなくても勿体無いからのサービスを受けるまでは通ってくれるお客さんもいます。

またそうした狙いから作ったポイントカードも次回来店時に提示されると経営する側も素直に嬉しいものなのです。ポイントカードを広告の1つのして利用する美容室も増えていますが、紙切れなんて思われるようなただ作っただけのポイントカードにあまり希少性は感じられません。

ポイントカードからの集客を高めようと考える場合には、ポイントカードにも工夫するようにしましょう。

ポイントカードを作る時の注意点

あまりにも価値のないと感じられるポイントカードは、財布に残しておくカード群から除外されます。時折カード整理をする中で、思い出してもらえての来店もある中ですぐにそのチャンスを除外させるとお金をかけただけで意味がなくなります。

少し厚手で希少性を感じさせるカードを作ることを注意点として考えておきましょう。またサービスを受けるまでにあまりにも回数をこなさないといけないとなると、わざわざ通うまでもないと感じさせてしまいます。サービスを打ち出すならそれなりに通いたいと感じさせる程度の回数でサービスを提供しましょう。

広告のコツ③SNSを上手に活用する

SNSは現代外せない広告方法です。街ゆく人皆が手にスマートフォンを手にしています。スマートフォン1つあればなんの不自由もないのでしょう。人との繋がりから知りたい情報を得ることもでき、また時間つぶしのアイテムとしても活用できます。

チラシがあるから情報が得られていた時代ではなくなっているんですね。ポイントカードもスマートフォンのアプリが代用できるようになっているのも今の時代当たり前になってきています。

これまでに紹介したチラシやポイントカードの広告効果はないと言っているように感じるかもしれませんが、そこは違います。なぜかというとSNSを利用しての広告の打ち出しは今、すべての美容室が行なっている広告方法といえるからです。

美容室が増える中で差別化するためには違った打開策を身につけ、行うことが必要です。また1つの方法に頼るのも効果に限界があります。全ての使える対策法を活用するからこそ、どこでどれだけの集客数が上がったかを把握することができます。

自分たちの経営する美容室にはどの方法が1番効果的なのかということを見つけるためにも、1つの方法に絞るのはまだ先の話なんです。

HP(ホームページ)

さまざまなツールがある中でまだまだ需要のあるHPはHP慣れしている方への効果を高めます。人にはこだわりというのがあり、私は他のSNSはやらないという方もいます。

驚くかもしれませんが、実際にこうした考えを持つ方は多いのです。一度はやってみたけど辞めたという方も少なくありません。登録者のみが見やすく作られツールでは閲覧数を上げることができなくなるという点を考えると、HPはどの時代でも常に更新しお店の情報発信を続けておきましょう。

最近の検索方法でもまだまだキーワードからヒットしてHPに辿り着く方は非常に多いです。そこで美容室探しのお客さんが検索しそうなキーワードを意識しながらお店の情報を発信し続けることで、安定した集客数を守ることができるようになります。

LINEやFacebook・Twitterで拡散

ブログからの意向を考え始める美容室が増えるのは拡散率にあります。そこでLINEやFacebook・Twitterで情報発信することにより、読者がまた別の読者へ、さらに共有したい方が他の人へ共有と…

一定のフォロワーが付いてくれると、目的である情報発信を勝手に行ってくれるツールです。みた人が興味を持つような情報をいかに打ち出すかが課題になりますが、多くの美容室はどれ来店してくれたお客さんのBefore・Afterで目を引いています。

ブログを利用し閲覧数が増えている場合も併用して、さらにその読者からの拡散を狙うためにもLINEやFacebook・Twitterを始めるのもいいですね。

美容室経営で力を入れたい広告にはコツがある

美容室を経営する方は本当に多いのですが、業界で生き残るのは半数です。これだけの確率で経営を続けることができなくなることには多くの原因があるのですが、経営をするにあたっての計画の不十分さは否めません。

その1つにもなる広告の打ち出しの不十分さや広告予算を組み込まずの失敗…こうした今からでも計画に組み込めることや、打ち出し変更ができる原因であれば方法を変えることで立て直しができます。

上手な広告を打ち出すためのコツを参考に、是非取り入れることから始めてみてください。

KAMIUは経営支援のLINE@をやっております。集客面のご相談もぜひ!
LINE@
↑こちらのLINE@まで気軽にご相談くださいませ。


美容師は、もっと自由に働ける。AS Castingは上記よりお申し込み

さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、
  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談
などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加
スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です