【保存版】年7万円節約?美容室オーナー、個人事業主の美容師がクレジットカードで経費を払うべき3つの理由


どうもKAMIUです。
先日オープンしていたKAMIUネットが、クレジットカード払いにしか対応していないため、
かなりの方にご迷惑をお掛けしておりますので援護記事になります。。
(※KAMIUネットは諸事情により完全招待制になりました。)

皆さんはクレジットカードで経費などを支払っていますか?
実は家賃・水道費・光熱費・電気代などもクレジットカード支払いに対応がはじまっています。
また、会社によっては内装費・工事費をクレジットカードで払わせてくれる会社もあります。

すごくないでしょうか・・?還元率が1%だとして、内装工事費が500万だとしたら5万円還元です。
まあ、やや嬉しいし、その分をスタッフさんに還元したいですよね。

スポンサーリンク

法人用カードで7万円分ポイントが溜まっていた!

KAMIU編集部でもクレジットカードで経費などを支払っており、何故かANAマイルが7万ポイントも溜まっておりました。。
(1年半分の実績です。Amex→ANAにポイント還元を行いました)
 

トータルで経費700万も使った覚えがないので、初回2ヶ月のボーナスポイントの際に大きな購入をしたものだと思います。
また、Amexの年会費が高かったのでAmexは既に解約しております。
(また、Amexを持つとモテるとか聞きますが、特に変化はなかった模様です。)

ポイントの積み上げ実績もお見せしたかったのですが解約してしまうと過去の履歴が見れないようで、申し訳ございません。。
楽天ポイントに変換してオフィス機材などを購入しました!

ではここからはクレジットカードで経費を支払う理由をお話させて頂きます。
美容室オーナーや個人事業主のフリーランス美容師の方は是非クレジットカードで経費を支払ってみてはいかがでしょか。

1.クレジットカード独自のポイントやマイルが大量に貯まる

まず、クレジットカードで支払う一番のメリットはこちらですよね。クレジットカードで必要経費を支払えば、その分還元があります。
法人用ですとよくて1%還元のカードが多いようですね。

経費が500万だとすれば毎年5万円です。
そして、キモなのが「ポイントは税務上の取扱がされていない」ということ。

社員個人のクレジットカードやポイントカードを使っているため、ポイントは個人のものと言えそうです。ただし、前述した通りポイントに関しては税務上の規定は定まっていません。

出典:社長が見るブログ

社員や社長が個人で使えるのがポイントなのです。
みんなで「欲しかったけど~」という備品類などを買うのはいかがでしょうか(笑)
個人事業主のフリーランスの方も、1%の還元で何か美味しいものを食べに行くとか出来るのはうれしいですね。

2.お金の流れを掴みやすくなる&会計処理が楽になる

次にお金の流れを掴みやすくなるという点ですね。
クラウド会計ソフトとクレジットカードを連携させてしまえば、本当に経理がラクラクです。

null

フリーランス美容師の方でも、freeeやマネーフォワードといったクラウド会計ソフトを使えば顧問税理士なしでも自分で決算申告や確定申告ができちゃいます。
KAMIU編集部も起業の際にfreeeのソフトを使わせて頂きまして、たった10分で必要な書類が作成できました!
 
クラウド会計ソフトはかなりおすすめでして、それとクレジットカードを連動させてしまえば記帳の手間も省けて一石二鳥です笑

3.キャッシュフローが掛売りよりも楽になる場合も

そしてあまり気にされていない方が多いのが「キャッシュフローの改善」という点ですね。
例えばディーラーさんから商品を買った場合、下記のような支払いサイクルが多いと思います。

<ディーラー>
4月21日~5月20日→5月末までの支払い

<クレジットカードの場合>
4月21日~5月20日分→翌月10日、翌月末の支払い※カード会社による

つまり、支払いが少し遅れるのでキャッシュフロー的には楽になります(笑)
カラー剤などの必要な備品は使われなければ、売上は発生しないため、不良在庫になりがちです。
そのため、売上がたたない期間は少しでも支払いサイクルを少しでも遅れさせられるのは良いですよね。

誰でも個人事業主/法人用のクレジットカードは作れるのか?経費を支払い与信を貯めよう。

では、誰でも個人事業主や法人向けカードは作れるのでしょうか?
個人事業主用カードというものが存在しており、個人事業主の開業届さえあれば作れます。
特段ブラックリストにのっているなどの理由がなければ審査落ちすることはないでしょう。

さらに良いのが、家賃や水道費・光熱費などをクレジットカードで支払いを滞りなく行えれば、その分与信が蓄積されます。
最初は20万程度だった与信枠も、100万・最大300万まで上がるケースもかなり多いのは良いですね。
クレジットカードの与信枠を貯めるためにも、経費をクレジットカードで支払うのは有りな選択だと思います。

個人事業主ならどのクレジットカード会社がいいの?


おすすめはオリコの法人用カードや、Amexなどです。
このあたりはポイントの還元額を見て決めていくのが良いと思います。

またAmexですと、支払い出来ないクレジットカードもあるので、無難なのはVISAやMasterだと思います。
横浜市水道局は結構どのクレジットカードでも支払いが可能なようです笑

もしクレジットカード支払いに切り替えたらどのくらい還元されるのか?

簡単に試算をしてみました。年間780万の経費が発生しているサロンで1%還元のクレジットカードを続けた場合、7万ほどの還元になりますね。

なんと2%還元なら15万の還元率に。。
たとえば内装をいじるときに100万や200万の経費をクレジットカードで支払えれば、1万や2万の還元がある場合もあります。
クレジットカードで借り入れさえしなければ、高い利息がつくこともないので、経費はクレジットカード支払いをオススメいたします!

最後に

いかがでしたでしょうか?
もしクレジットカードを積極的にご利用されていないオーナー様がおられましたら、ぜひこの機会に導入を検討くださいね。
今回は美容師さん向けにクレジットカードで経費を支払うべき理由を書かせて頂きました^^

詳しく相談されたい方は、お気軽にLINE@までご連絡くださいませ。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です