【攻略ゼミ第1弾】ホットペッパーバリュープラン以下のコツとミニモ集客数3ヶ月60万円の実績


KAMIUのホットペッパービューティー攻略ゼミ第1弾として大規模店舗ではなく、中小個人店舗の集客戦略をご紹介させて頂きます。
どうしてもホットペッパービューティーだと、5席未満の個人店舗は採算が取れない場合が多いんですよね。。

今回の記事では「中小規模」のサロン様向けの集客施策として、下記のようなことをご紹介させて頂きます

  • ホットペッパービューティーのバリュー・ライトプランで他サロンよりも勝ち抜く方法
  • バリュー以下プランのサロンと相性が良さそうな「ミニモ」のガチ集客の実績
  • 卵を一つのかごに盛らないポートフォリオ戦略を(分散戦略)

の3本立てでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

5席未満の中小規模サロンのホットペッパービューティー出稿戦略

KAMIUでは5席未満の中小規模サロンはホットペッパービューティーのプラチナ以上と相性が悪いと考えています。
(もちろんエリアにもよりますが。)

例えばプラチナプラン+オプションで70万円で出稿した場合、5席のサロンだと1席あたり14万です。
1席あたり14万円を回収するためにはどのくらい集客できないと難しいのでしょうか?

1席あたり14万円を回収しないと行けない場合、客単価1万円のお客さまを14人で回収です。5000円なら28人。
と単純計算しがちですが、実は物事はもう少し複雑で、この施術にも人件費がかかっているはずなんですね。

上記のように概算をしてみたところ、プラチナLLの70万円を5席のサロンで回収する場合、客単価5000円だと200人呼んでも回収できないんですね。。。
つまり広告投資で呼んだとしても、その分は施術時間はなくなるわけですから、実際の単純計算よりも回収ラインが高くなることはご理解頂けると思います。

かといってホットペッパービューティーに掲載しないほうがいいのでしょうか?
要検討ですが、今回は既にホットペッパービューティーに低価格のプランで掲載されているサロン様向けに、どうすれば勝てるのかというお話をさせて頂きます。

ホットペッパービューティーのバリュー・シンプル・ライトプランの集客効果の高め方

バリュー・シンプル・ライトプランでの集客効果の高め方になります。
「そもそも標準・オススメ順がプラン順だから勝てなくない?」
と思われますよね。。。
ホットペッパービューティーで上位プランに掲載している方からすると、「いや絶対集客出来ないでしょ」という感じだと思います・・。

こちらのプランで圧倒的に成功されているサロン様もおりますので、ご紹介させて頂きます。
美容業界のサロンをサッとマッピングしてみると下記のような印象ですよね。

では、ホットペッパービューティーで検索しているユーザーの検索の際に重視する要素はなんでしょうか?

  • 料金
  • エリア
  • 施術タイミング(今日・明日)
  • 口コミ
  • スタイル写真

恐らく上記の5つですよね。ではこれらの5つをホットペッパー上でどのように訴求できるのでしょうか。
プラチナ以上のプランでしか訴求できない要素としては「エリア」「施術タイミング」「料金」がありますね。
この中で、スタイルと口コミは誰でも訴求可能です。
ココを狙っていくのです。狙うべきです。そう思いませんか?

圧倒的なコスパでの集客 【~ing】

この流れで、圧倒的なコスパで集客していると一部噂されているサロン様をご紹介させていただきます。
それは、高円寺の~ing カライング様です。スタイルランキングをご覧頂いている方は既にご存知だと思います。

ショートヘアのスタイルで上位をほぼ独占。
しかもプランは恐らくバリュープランorシンプルプランです。

~ingさんの予約枠の状況を見ると、かなり埋まっている様子でした。
凄くないでしょうか・・?初めて発見したときは衝撃でした。
このように低コストのプランでもやりようによっては集客が可能です。
ホットペッパー上の価格競争からも離れられるこの「品質推し」のやり方などを、是非皆さま模索してみると良いと思います。

掲載数の少ないエリアのサロンならバリュープラン以下でも集客が可能

また、先ほどの軸とは別の話で「そもそも掲載数が少ないエリアであれば、載せてるだけでお客さまが来る」のです。
例えば下記は秋葉原の検索結果です。

秋葉原と同じくらいの人口もしくは秋葉原の方が乗降者数が多いというの街をご紹介します。
大宮、北千住、立川、川崎など
詳しくは乗降者数ランキングまで。
どうでしょうか?アンバランスだと思いませんか。
美容師の求人が難しいのだと思いますが、オシャレな施設などもかなり増えてきた秋葉で美容室が4件しか掲載がないのです。。

このように、そもそも出店の段階でホットペッパービューティー上の競合が少ないエリアに出すのは得策です。

一番悪手なのは自身の指名の客がいるからという理由で競争の加熱しているエリアに出店し、ホットペッパービューティーに頼ってしまうことです。

このようなサロン様はかなりの確率で厳しい経営になるかと思います。
では、もし出店しまった場合どうすればよいのでしょうか?他の集客方法を使えば良いのです。

ミニモの台頭とKAMIU無料コンサルティングサロンの3ヶ月分の集客実績

「ホットペッパービューティーに掲載したけどお客さんが来ない、広告費だけが垂れ流しになっている。」
というようなお悩みをお持ちのサロン様は、是非他の集客媒体の利用もご検討ください。

例えば楽天ビューティーやミニモといった媒体です。
楽天ビューティーは月50名以上呼べているサロン様もあるとのことです。

ミニモに関してはKAMIUでコンサルティングの実績があるので実際の集客実績を今回特別に公開させて頂きます。

【ミニモ実績】16年10月~12月の3ヶ月平均の客数が42名、月売上25万円超え

ミニモの実績を惜しげもなく公開したのは初めてのメディアかもしれませんね。
下記が実績値になります。

来店 売上 手数料 1名あたり獲得 客単価
2016年10月 46 264500 25488 554 5750
2016年11月 39 229500 21060 540 5885
2016年12月 43 256500 24460 569 5965

上記がKAMIUコンサルティングを受けたスタイリスト様のレポートです。
ミニモは個人で始めることも可能なので、KAMIUで全面的にサポートさせて頂きました。
ちなみにこのエリアでは指名客0からのスタートです。

衝撃ですよね。。現在はミニモできたお客さまを指名客に持っているため、かなり経営が安定されています。
また、客単価5000円程度になっていますが、実際はトリートメントのオプションなどで6500~7000円になっています。

実際にミニモを使ったYoutuberのSHOHEIさんの動画です!


いまだけ「SHOHEI」というコードの入力で特別に4000円分のポイントを貰えるとのこと!

ぜひ登録してみたい・気になる方はご自身でインストール頂くか、LINE@までご相談ください。

また、サロン単位でも利用が可能で、サロン単位でやる場合は各スタイリストと紐付けられるので、顧客流出などを防ぐことが可能です。

しかし、媒体が増えれば増えるほど、お客さまの管理が面倒になり、予約管理まわりでのトラブルも増えるように感じませんか?
その通りなんですよね。。。他媒体を使って検証していかなければ、ホットペッパービューティー一強の時代は終わらないといえます。

脱ホットペッパービューティー戦略ではなく、分散プロモーションの発想をKAMIU読者の方々にはお伝え出来ればと思っております。

ホットペッパービューティー以外の他集客媒体との付き合い方

ホットペッパービューティーである程度呼べるようになってくると、他媒体への検討やフライヤー配りなど過去にやっていたマーケティング・集客を疎かになりがちです。

しかし、考えてみてください。

  • もし、ホットペッパービューティーで集客できなくなったら?
  • もし、同じエリアに同じようなサロンが増えたら?
  • もし、スタッフが抜けてホットペッパービューティー分の集客をこなせなくなったら?

ホットペッパービューティーは固定費です。
圧倒的な集客力の反面、リスクを拭い去ることが出来ないのがデメリットです。
なので、徐々に依存度を下げていくことをKAMIUではおすすめしています。

「卵は一つの籠に盛るな」、一元管理での分散のススメ

正直、全ての媒体に掲載は不可能な状態だと思います。
ホットペッパービューティー、楽天ビューティ、OZMALL、ミニモ、ビューティーナビ、Tiful、電話予約、自社WEBサイト・・・。
管理が難しすぎますよね。イメージとしては下記のような感じですか。

媒体数が増えれば増えるほど、掛け算的に管理の量が増えます。
それに伴い、失敗のリスクも高まります。つまり分散投資ができにくいという構造ですね。。
そして営業も全てお断りするという機会損失にも繋がります。

既にご存じの方も要ると思いますが、ビューティーメリットというサービスを使えば、美容室でも広告の分散投資が可能になります。
しかも凄いのが「自社のアプリ」も作ってもらえるんですね。

ホットペッパービューティーなどの予約管理を一元化できて、アプリも作ってもらえる・・素晴らしすぎますね。
木村直人さんも過去に自身のブログで取り上げられていました。
ビューティーメリットの実際の利用の動作状況や料金など気になる方はぶっちゃけますのでLINE@までお問い合わせくださいませ。

このようなツールを使い、徐々にホットペッパービューティーの依存度を下げていくことをKAMIUではおすすめしています。

集客全般の相談窓口ならKAMIUで

KAMIUオンラインコミュニティ

ぜひKAMIUオンラインコミュニティで情報交換をしましょう。
完全審査制なので漏れることはございません。
またKAMIUコンサルティングサロンの集客実績なども惜しげなく公開させて頂きます。

攻略ゼミ第1弾はこれにて。第2弾もお楽しみください。よろしくお願い致します。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください