【検証】カラー剤を時短・コスト削減・ムラなく塗布できる裏技とは。

参考になりましたらシェアお願いします!

どうもKAMIU編集部です。
カラー剤に関して時間が短くなり、量が増える夢のような裏技があると小耳に挟みました。

なんとその方法を使うと

  • カラー剤を混ぜる時間が短くなる&疲れない
  • カラー剤の量が増え、年間10%~25%削減になる
  • むらなく塗りやすくなり、塗布スピードもあがる

こんな方法あるんですかという感じですね。。。
実際に試しましたので共有させて頂きます。

スポンサーリンク

カラー剤をハンドミキサー、ハンドブレンダーで混ぜるとスゴいらしい

小耳に挟んだのは「カラー剤をハンドミキサーで混ぜるとスゴいらしい」という声でした。
量も増えるし、塗やすさもスゴいという話。

本当か?ということで実際に使ってみました。
ギュルルルルと鳴り響く機械音(実際は気にならないくらいの音です)

なるほど、これは簡単なくらい混ざりますね。。
所要時間10秒ほどです。

通常の混ぜが45秒だとすると35秒の削減になります。
月間600人がカラーするとなると、なんと月間21,000秒の削減になります
21000秒は350分=月5時間の節約

さらにカラーの施術までに入る時間が短くなる=生産性が高まるとなるとめちゃくちゃ素晴らしいですね。
洗うのがめんどくさそうというお話ですが、、

洗うのもご覧の通り、サッときれいになるという・・・。
どのくらい時短できてるんだろう。

ハンドミキサーでカラー剤を混ぜることで量は増えてコスト削減になるのか?

こちらですが、通常よりも空気が入り増えた気がしました。
利用してくれた方の感想です。

確かに柔らかめのカラー剤だと微妙かもしれませんが
硬いカラー剤はちょうどいいかもしれませんね・・・!

他にも検証されてるブログがありましたので、ご紹介させて頂きます。
美容ディーラー (株)エクノス副社長ブログ

なるほどたしかに増えてる気がします。。。素晴らしいです。
(ちなみに重さ自体は変わりませんが、塗布のしやすさ・空気が入ることによって体面積の増加によって”増える”そうです)
信じるか信じないかはあなた次第です笑

どんなハンドミキサーでも良いのか?

KAMIUではハンドミキサーを選定するときに下記を基準に選びました

  • 静音性
  • パワーの段階調整
  • 軽いかどうか

買ったハンドミキサーを紹介させて頂きます。

TESCOM PureBlack ハンドミキサー ホワイト THM271-W
2000円程度でこの体感は良いと思うので、ホントおすすめです笑

未来の美容室?

一部のカラー専門店では、カラー剤の調合などが自動化してると聴きました。
配合割合が自動で算出されるそうです。
(自動で出て来る機械もあると聴きました)

いまはスタイリストさんの加減でやっているカラー剤配合も、未来は機械化されてるかもしれません。
その機械は何処のメーカーが出すのでしょうか。楽しみです!

※注意※一般の御意見を参考にしております。本記事は使用しているカラー剤によって効果が違うと思いますので、全カラー剤に言えるとはいえませんのでご了承くださいませ。


美容師は、もっと自由に働ける。AS Castingは上記よりお申し込み

さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

参考になりましたらシェアお願いします!

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください