【保存版】美容師「辛い」「辞めたい」と思ったときに読む記事。手荒れ・彼氏・いじめ等の対策

美容師が辛い、辞めたい。そう思っている方はどのくらいいるでしょうか?美容業界は離職率が高いことでも有名ですが、本当に辞めた方がいい人と、まだ続けた方がいい人はどんな違いがあるでしょうか?世間一般には「華やか」に見える美容業界ですが、実際のところは労働環境が良いわけではないことが現実です。今回は特に辞める理由として多い、「手荒れ」や「いじめ」等の問題に向き合って、どう解決していけば良いか考えてみました。
また、他にも色々なことで悩んでいらっしゃる方が多いと思います。お一人で塞ぎ込んでしまうのも良いとは言えませんので、現在のご状況や過去の体験でも結構ですので気軽にLINE@までご相談いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

500店舗以上のサロンがあなたへ転職オファー!「美容師ドラフト」

美容師の転職に革新的なサービスが登場しました!

自分で転職先のサロンを探すことなく、条件と経歴を伝えるだけでサロン側からオファーが来るサービスです。LINEで転職活動をすることができるので、忙しい方には便利なサービスですね。

参画しているサロンも、月給28万円保証+歩合40%~60%など高待遇サロンが多く、今働いているサロンよりも高待遇での転職が見込めるかもしれません。

美容師ドラフトに参加する

■LINE@で直接エントリー

友だち追加

美容師が辛い原因は何?心と身体の問題で考える

多くの美容師さんが抱えている「美容師を辞めたい」という問題は本当に辛い問題です。でもひとえに辞めたい、辛いと思ってもどんな理由で美容師を辞めたいのかによって改善点があるかもしれません。

精神的に辛いから辞めたいという場合

出典:https://www.pakutaso.com/20161149313post-9456.html

美容師アシスタントになったばかりの方がなりやすい「美容師って時間もないし、遊べないし、給料安いしもうやだ!」という心がまだ本当の美容師になっていない状態で辞めたいという場合。

アシスタント時代は下積み時代ですから、美容師を目指すなら誰しもが通る最初の問題かもしれません。

最も多くの美容師さんがこの問題で辞めてしまう方が多いことが現実です。しかし、美容師とは「専門職」でもあります。つまり、仕事を任せてもらえるまでに時間がかかる職業なので、最初のこの問題で辞めてしまうのは本当にもったいないです。

現在の美容業界では賃金の安さが問題になっていますが、これは美容室の数が多いことが原因の一つでもあります。つまりあなたが美容師を辞めた時、あなたの売り上げになるはずだったお金は自然と他の美容師さんの売り上げになります。

それが「悔しい」と感じなくなった場合は、辞めてしかるべきでしょう。美容業界は常に競争の社会です。その「闘志」がなくなった時は潔く辞めて他にも仕事はたくさんあります。なぜ自分が美容師になりたかったのかをもう一度考えてみましょう。

身体の問題で美容師を辞めたいという場合

実際に多くの美容師さんを悩ませる原因が、身体を酷使する仕事であるため、なんらかの不調が元で美容師を辞めたいという場合です。美容師をする上で覚悟をしないといけないののこの「身体の問題」が一番大変で、深刻な問題になっていることがほとんどです。

手荒れが本当に辛い。かゆくて夜も寝れない

出典:http://www.hifunokoto.jp/yakuzaishi/allabout130124/allabout1.html

美容師さんを悩ませる原因の多くに手荒れがあります。これが本当に辛いんです。ひどくなるとかゆくて、かゆくて夜も眠れなくなります。美容師さんの仕事は「シャンプー」を1日20人以上担当することもあります。

多くの手荒れの原因はその「シャンプー」と「乾燥」に原因があるようです。実際に図で確認をすると、人の皮脂は表皮と呼ばれる一番空気に面している部分に油の膜のようなもので肌をカバーしています。

美容師さんの仕事はシャンプーをひんぱんにすることで、皮脂膜が流れてしまい外気にそのまま晒されることが原因で手荒れを起こします。

実際に手荒れを起こしてきたら?対処法は??

実際に手荒れを起こしてきたなら絶対にしてはいけないことがあります。それは「そのまま放置をして何の対処もしない」ことです。これは本当にいけません。また、かゆいからといってかきむしってしまうこともよくありません。では、どのような対処が必要になってくるか段階をおって確認しましょう。

手荒れ段階レベル1〜少しあかぎれを起こしている

まだ、そこまで深刻に手荒れという状態でもない「あかぎれ」を起こしている場合です。この状態で放置をするとつぎの段階に早く以降するためここでの対処が大切です。どんな対処があるかというと、、

  • 常にハンドクリームをかかさない。シャンプーしたら即クリームを塗る
  • 乾燥に注意する、寝る前にクリームで念入りにケアをする

この2点は必ず守りましょう。まだ手荒れという段階になっていないのであれば特別なケアをしなくても、自然治癒力とハンドクリームで改善が見込まれる可能性があります。

手荒れ段階レベル2〜肌が裂け、血が出てくる

レベル1を放置、もしくはケアをしていても治癒力が間に合わず「血が出る」状態になってしまう時があります。特に冬場などは空気が乾燥をしているのでこの状態になるまでが早いことが特徴です。

ここまでくると「かゆみ」が異常なまでに強くなっていきます。かゆくて夜も寝れないという状態になってくるのがレベル2です。この状態の時は普段の営業中にも支障をきたすため早めの対策が必要になります。

  • どんなにかゆくてもかかないこと
  • シャンプーブローの際にクリームを塗ってからブローをすること
  • パーマ液(1液)を使う際は絶対に手袋をすること
  • 悪化する前に医師に相談をすること

レベル2の対処はこの4点をしっかりと守りましょう。確実に改善するという訳ではありませんが、何もしないよりは効果は期待できます。さらに4つ目の「医師に相談をすること」に関してはどんなに時間がなくとも必ず行いましょう。

この状態を放置するのは美容師生命に関わるほど重大な問題です。アシスタントの方なら本当に先輩に相談をするなど「一人で抱え込まない」ことも意識しましょう。美容師の先輩なら一人くらいは同じ手荒れに悩まされてきた方もいるでしょうから、一人で解決すると思わないで、誰かに相談することも大切です。

美容室での「いじめ」の問題の対処法とは?

次に美容師が辛いと思ってしまう理由の一つに「いじめ」という問題があります。これは就職するサロンによって本当に昔ながらの「後輩いびり」のようないじめから、仕事をさせてもらえないような深刻ないじめまで様々です。

大人数のサロンほどいじめが多い?

結構声をきくのは、規模感として、50人~100人超くらいの従業員を抱えている美容室の人間関係は複雑になっていて、残念ですが「いじめ」が発生する場合があります。

すべの美容室ではもちろんありませんが、このくらいの規模感になると、新卒の美容師さんを平均3~6人程度とっている所が多いでしょう。そうなった場合に発生するのが「いじめ」という問題です。社会人にもなっても発生してしまうのは「人」と「人」とのサービス業界ならではかもしれません。

しかし、もし自分が初めて入った美容室で執拗にスタッフからいじめを受けたらどうでしょうか?辞めたくなりますよね?

では、美容室で起こりうるいじめにはいくつか種類があります。

それは、

  • 自分が生意気すぎて先輩からよく思われていない為に起こるいじめ
  • 自分と先輩のコミニュケーションが合わず、そこからくるいじめ

もし先輩から「仕事に入れてもらえない」や「執拗に悪態を疲れる」「暴言などが酷い」という経験をしたことがある場合は、上記のどちらかに自分が当てはまっていないか考えてみましょう。

自分が生意気すぎて先輩からよく思われていない為に起こるいじめ

まず、「自分が生意気すぎて先輩からよく思われていない為に起こるいじめ」という理由でいじめを受けている場合の対処ですが、まずは自分の胸に手を当てて考えてほしいことがあります。

「お前は後輩のくせに生意気だ」と言われたことがある場合、自分に自信があり先輩より自分の方が仕事ができると思っているから、強気な態度をとるという場合があります。

この場合、仕事ができている⇨有能と経営者は考えるのでそこまで深く先輩の無駄ないじめに付き合うのは辞めましょう。はっきり言って時間の無駄です。

逆に先輩を怖がらせるくらいのスタイリストになってやるという気持ちで練習に励むモチベーションにもなるでしょう。実際に怒りというのはすごいモチベーションにもなります。逆に利用してあげましょう。

自分と先輩のコミニュケーションが合わず、そこからくるいじめ

問題なのはこのパターンです。この理由でいじめが始まってしまうと、仕事を回してもらえないだけでなく、「自分にも非」があるのではないか?と思ってしまっている心優しいアシスタントさんの場合がいじめを受けやすいです。

この状態の美容師さんは美容室にいるときにお客様と同じくらい先輩にも気を使う、、という状態になってしまっていることが多いです。そうなると「接客ストレス」と「先輩ストレス」の2重のストレスを抱えてしまうことになります。これは一番心がしんどくなる環境です。

先輩スタイリストが毎年新人を「いびる」ようなサロンは正直辞めていいでしょう。そこでどうしても働きたい理由がないのであれば、他のサロンに移ることを考えたほうが得策です。

そもそも仕事をする上で執拗ないじめが起こるサロンで働くメリットは何一つとってもありません。ただただ辛いだけで時間が過ぎて行ってしまいます。

自分が働いている環境を見直して見よう

本当に美容師が辛いと思っている方には様々な要因があることと思います。でも、一度は立ち止まって何か改善できないか考え直してみましょう。自分が何を目指して美容師になったのか初心に戻って。

きっと心の奥底にはまだ「続けたい自分」がいるかもしれません。そんなときは上の内容を参考にして、何か改善できる手立てはないか、探してみましょう!

また、お一人でお悩みの方やご質問がある方は気軽にLINE@までお問い合せくださいませ。


美容師は、もっと自由に働ける。AS Castingは上記よりお申し込み

さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください