木村直人氏所属の「air」の多角化戦略とは。楽天でサロン専売品の販売も?


「air」さんの多角化が本気で凄い。まさに経営という感じ
つい最近出席したオーナーさん同士の飲み会で話題になりました。
今回はairさんにの多角化経営に関して取り上げさせて頂きます。

%e5%9b%b32

airといえば木村直人さんや志賀功祥さんが所属している事で有名ですが、その運営母体であるエアーエンターティメントについて書かれている記事はそう多くはありません。
今回、株式会社エアーエンターティメント(代表取締役社長:岩田 卓郎)について調査致しました。

調査したところ、「air」本体よりもその他事業の展開が鋭く興味ぶかかったので今回記事にさせて頂きます。

まさに次世代美容室という経営手法で、大変学びがありました。
一部、本社・支店住所が同じ会社がサロン専売品を楽天で出していたりと、
通常のサロンであれば行えないような大規模な多角化を行っているようで、大変気になるところです。

スポンサーリンク

エアーエンターティメントの業績は?

求人サイトで「エアーエンターティメント」の売上情報が公開されてましたのでまとめてみました。(enjapanからの引用)
社員情報は公式サイトからの引用になります。

air_uriage
業績は右肩上がりのようですね。(0になっているところはデータが見つかりませんでした)
2013年から2015年と比較すると2億円ほど売上が上昇しています。
ただ気になるのは社員数がほぼ横ばいという点ですね。

2014年オープンのair-OSAKA、air-FUKUOKAをオープンしているんですが横ばいというのが驚きました。
(もしくは社員数として計上しているのが本部のみなのかもしれません。)

美容業界で苦戦している美容室が多い中で、素晴らしい業績です。

創始者の岩田卓郎氏はどんな人?


引用:宝山私流

「air」は凄すぎて、かなり謎に包まれていると業界内でも言われていますが、既に消えてしまったWEBサイトに創設者岩田卓郎氏のインタビュー記事が掲載されておりました。
開業経緯や開業の年齢に驚きです。

1999年、24歳の時に現在のグループ中核を担う美容室「air」をオープン。「全てのお客様にとって空気のようになくてはならない存在になりたい」と最初の一歩を踏み出す。同時に現副社長(高田氏)に技術統括としてすべてを任せ、自身は経営者としての道を邁進。
引用:宝山私流

岩田卓郎氏、元々はメイクアップアーティスト・技術者としての出身とのことです。
経営才覚が凄そうなので、勝手に美容業界の方ではないと思っておりました。。
ちなみに岩田氏は元野球部とのこと。
美容業界は「元野球部」の方で成功されている方が比較的多い気がします。
やはり美容業界もチーム戦が重要なのかもしれません。

そして驚きなのが岩田卓郎氏がairを開業した年齢です。
24歳で「air」の1店舗目を開業されております。驚異的なスピードです。
そこからは「メディア戦略」を打ち出し怒涛の勢いで有名店の名を獲得していったようです。
2009年にLOVEST by airがオープン。2ブランド目を拡大させていったとのことです。
この年に木村直人さんが加入されたようです。
16/11/22修正。2016年から11年前に入社されたとのことです。失礼致しました。

既に消えているインタビューですが下記から読めますので、ぜひ美容師さま・美容室経営者の方はご一読してみてはいかがでしょうか。
Googleキャッシュですので、消えてしまっていたらすみません。

宝山私流 Vol.7 岩田 卓郎インタビュー

air所属の有名・一流の美容師さんたち


引用:Bandai Namco
「air」には一流の美容師が揃っています。
特に一番有名なのは木村直人さんではないでしょうか。
どのような方が所属しているのか、辞めない理由はという点をご紹介していきます。

WEB美容師のパイオニア「木村直人氏」

air≒木村直人というイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

Twitterやオウンドメディアの影響力がとてつもなく、
WEB関係会社やアパレル、美容メーカーなどの方も木村直人氏のTwitterをチェックされています。

木村直人氏が入社したのは恐らくLOVEST by air青山店の設立時(2009年10月)
存じ上げなかったのですが、前職の退社理由は後輩にギャンブルを教えたことによるクビ?だったとのこと。。

美容師になって5年経った頃、店をクビになってしまったんです。
後輩をギャンブルに連れて行っていたことが悪影響だと思われたんですよね ─引用:Another Life

いやはや驚きです。こちらのインタビューも大変勉強になりましたので是非ご一読ください。
個人的に期待しているのがカラー剤の「THROW」です。

木村さんのプロデュースだと思うのですが、メディアを保有している製品って自体がイノベーティブですよね。
下記の記事に考察を書かせて頂いておりますので是非ご参考ください。2017年、かなり期待しています。
美容室の業務用カラー剤で集客が変わる。イルミナカラー・THROWとは?

16/11/22一部削除

Googleで豹柄ワードを独占「中村有佑氏」

個人的に注目しているのは中村氏です。
airに中途入社された中村さんは怒涛の勢いでSNS/オウンドメディアで注目を浴びました。


ほたてちゃん可愛いですね。(中村さんの飼っているペットの猫)

驚きなのがオウンドメディアの評価です。
2016年11月20日現在、「豹柄」というワードで1位をキープしています。
air_hyougara
このような人材がどんどん集まってきて、
そして辞めないのは何故なのでしょうか?
ご紹介した方々のインタビューから紐解きたいと思います。

なぜ一流の美容師たちが独立せず「air」に残り続けるのか?

有名な美容師さんたちが、何故残り続けるのか不思議でした。
ただ、調査している中で、エアーエンターティメント社に対する
「未来に対する信用」の提供というのが一番強いのかなと感じました。

下記の木村さんのインタビュー記事をじっくりと読ませて頂きました。
木村さんなんでやめないの:リクストQJ
僕が【組織】から離れない理由。:POOL MAGAZINE

一貫して木村直人さんが仰られていたのは「独立は自信がない」ということ。
つまり、現状よりも成功させる、大きくさせる、自分を満足させる自信がない≒airの成長性を信じているということだと感じました。

やはり、辞めない理由の一つの大きな点が「組織に未来があるか」「待遇が満足か」というところだと思うんですね。
組織に未来があれば自分で独立するメリットは到底無いし、待遇に満足していれば辞めなくてもいい。

「美容師が辞めて困るんだよね」と嘆いているオーナーさんたちは未来を見せられているでしょうか?

airの多角化戦略。サロン専売品を楽天で販売も?

nasa-89234_640
pixabay

airに関して調べたところ、めちゃくちゃ多角化しています。
美容室以外の展開で言うと下記のような事業内容です。

  • オリジナルサロン製品(薬剤)の開発
  • クレイツとアイロンを共同開発
  • 内面からキレイになるサポートとしてカフェの経営
  • ドッグトリミングサロン&犬のトレーニングサロン
  • 鉄板焼き屋
  • エステサロン

しかし、こちらは公表されているものだけです。
別会社を経由して「サロン専売品の販売サイト」「美容室向け広告代理店」を運営されてるようですので、
そちらに関して記載をさせて頂きます。

木村直人さんがPDとして兼任してるグループ会社の「IMC」とは

木村直人さんですが、現在airで美容師として勤務しつつ、
グループ会社IMCのWEBプロデューサーとしても兼任されているそうです。

木村直人氏「実際、今も、airのディレクターであり、IMCというグループ会社のウェブプロデューサーでもあり。社をまたいで仕事をすることが多い。」
引用:RequestQJ 木村さんなんでやめないの

気になり調べたところ、a-shopというair系列のECサイトの運営をしているようでした。
a-shop_top
商品はヘアビューロンや、その他のair関係の専売品です。
かなり素敵なサイトですね。

a-shop_tsuji
出典:「a-shop」

代表の方は「辻 俊多美」氏という方のようです。
この方はどういう方なんでしょうか。調べていきます。

airと同住所の会社が楽天で専売品を販売?

a-hopの運営責任者「辻 俊多美」さんでの検索結果が下記です。

tsuji_result
楽天市場が出てきました。
「何故楽天が・・?」と疑問に思いつつサイトを見てみます。

cosme_keiei
出典:楽天市場:Cosme Clinic Online

左側のメニューに注目してみると、サロン専売品が大量にならんでいます。。
menu

まさか?と思い、「ミルボン」をタップしてみると。。。

infenomu

「インフェノム」が出てきました。
そして、しっかりと「サロン専売品 激安」という文字がありました。
サロン専売品を楽天で激安販売しているようです。
流石にアジュバンとかは入れ物だけを販売しているようでした。

cosme_keiei
そしてこのコスメクリニックの運営主体は「辻 俊多美氏」と「株式会社ウィルビー」なんですね。
果たしてウィルビーとエアーさんは関係があるのでしょうか?

楽天で専売品販売しているウィルビーはairさん系列なのか

もしairさんが楽天で専売品を販売しているとしたら流通革新だと思い、関係会社なのか調査してみました。
登記簿謄本を今回は取得出来ていないので、何とも言い難いのですが、
下記3点でかなり近い関係性なのかなという結論に至りました。

エアー本社と住所が同じ

ウィルビーさんの住所が下記です。

株式会社ウィルビー青山オフィス:南青山STビル7F
↓airさんの住所
20121210022533ff5s
引用:FCブログ

そして看板の画像と比較すると、住所が一緒ですね。。。
エアーエンターティメントの運営するエステサロンの本社などとも住所が同じのようです。

エアーとの関係が深そう

木村さんの過去記事で「ウィルビー」を代理店として紹介している記事がありました。
kimurasan_blog
美容業界のインフラに関しての記事。
代理店として、紹介しておりました。少しだけ関係がありそうですね。

また、「a-shop」の過去サイトをWill-beが運営していたようです。
a-shop_willbe
出典:「will-bee ONLINE SHOP」

閉鎖後の遷移先が「a-shop」になっていますね。
airさんとウィルビーさんはガッツリと関係が深そうです。
最後に決定的なのがドメインの取得がairだったという点です。

そもそもWill-beのドメイン取得がエアー社

domain_air
引用:who is
ウィルビーの公式サイトのドメイン取得元を見てみると、がっつりエアーさんが出てきました。

これは何かというと、エアーエンターティメントが申請をしてウィルビーさんの公式サイトのWEB URLを取得したということなんですね。
ここまでくると関係性が深いというか関係会社な気がします。

しかし、サロンの専売品を楽天で売るのは問題なのでしょうか?

美容室によるサロン専売品の販売は問題なのか?

コスメクリニックさんのサイトを見たところ、
「超規制」のかけられているアジュバンなどはケースのみしか販売していないので、
メーカー公認なのかな?とも思いました。

ajuban
個人的にはECで購入できたほうが気持ちいいので問題ないと思いますが、サロン価よりも定価で売られるのは厳しいものがありますね

airさんの多角化戦略に学ぶべきこと

美容業界の理想経営かもしれないなと感じました。
美容室経営だけではどうしても「労働集約」になりがちです。

他のビジネスモデルで収益を稼ぎつつ、従業員に還元するのはありだなと思いました。
サロン専売品のネット通販でいうと、実際に20億円、営利1億円出ている企業もあります。
(参考:【検証】店販商品のネット横流しは儲かるのか?

今後、サロンの店販品もどんどんネットで買えるようになっていくでしょう。
自社に属する美容師のブランド・インフルエンス力を活かした多角化戦略はとても正しいと感じました。

airさんの経営戦略、非常に面白かったです。
本記事はあくまで公開情報をもとにした考察記事です。
指摘や何らかの事実をご存じの方はKAMIU LINE@までお問い合わせくださいませ。

記事のアンケートになります。

■参考:楽天でショップを開いてみたい方は下記からどうぞ。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、

  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談

などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加


たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記LINE@より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

スポンサーリンク

関連記事:

コメント

  1. ブラック より:

    岩田を調べるなら、ワミレスとの関係を深く探れ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です