美容室を転職する際に気をつける3つのポイント


転職したい転職したい転職したい!
だけど、良いサロンって何処なんだろう?どうやって探せば?
って方が多いはず。今回はここだけ気をつけてれば大丈夫さ!
という3つのポイントをご紹介します。
何度も転職を繰り返すとお客様にも迷惑ですし、一度きりのものと思って慎重に選んでいきましょう。

1.自分は何がモチベーションの根源か理解する

転職理由はなんでしょうか?
何故美容師になったのでしょうか?
何故そ・・!

・自分が何をやりたかったのか
・そのためにはどういうサロンに行けばいいのか
この2点が明確になっていないと、また転職につながってしまいますので必ず自己分析をしましょう^^

2.そのサロン、あなたに合いますか?

次は、そのサロンがあなたのファッションや特性に合うかということを理解しましょう。
スタイル作品が合わないサロンで働いてても絶対楽しくねえから!

・スタイル写真が自分に合うか
・働いている人の雰囲気は合うか
・手荒れ体質の方は手袋OKか
・立地は良いか
・教育スケジュールは良いか
・大切にしている考え方は合うか

確認項目は多いです!
かならーず自分とサロンの相性を確認しましょう。

3.お客さんに求められているサロンかどうか

最後に、超重要な課題です。”お客さんがくるかどうか”
自分指名の顧客がいない場合、お店の集客に頼る必要が発生します。

ホットペッパービューティーで予約がどのくらいされてるか、必ず確認しましょう。


これは本当にマストで確認したほうがいいです。
暇なサロンで給料が安定的にもらえると思いますか?

きちんと売り上げが立てられるサロンかどうかは、必ず自分自身で確認しましょう。
以上が決めるときに留意したほうがいい3点です。
あとは人間関係なども重要ですが、正直入サロン前には雰囲気からでしかつかみ取れません。


さらに、【期間限定】でKAMIUのLINE@にご登録頂くと、
  • 薬剤の最新情報配信♪
  • 独立・転職のご相談(非公開・最新案件の情報共有)
  • 簡単Web集客やその他のご相談
などのご相談・情報発信を行っております!
お気軽にご登録、並びにメッセージお願いします

友だち追加
たった10分であなたの美容師としての適正年収がわかる? 適正年収&美容師スコア診断LINEはこちらから。
スポンサーリンク

関連記事:

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です